FC2ブログ

人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 - Lavochkin La-200B : (完成)

la200b01.jpg la200b02.jpg la200b03.jpg
ラヴォーチキン La-200は、ソ連で開発された全天候戦闘機です。
推力を稼ぐためにジェットエンジンを前後に2つ搭載した、珍しい設計の飛行機です。
1949年に初飛行しましたが、性能がいまいちだったためか量産には至りませんでした。
武装は37mm機銃を機首下面に3門搭載しています。

la200b05.jpg la200b06.jpg la200b07.jpg
機体の塗装はシルバー一色の指定だったので、ネット上で見つけた写真を参考にしながらパネルごとに色を変えてみました。
比較対象がないので分かりづらいですが、かなり大きな飛行機です。
胴体だけなら前作のハインケルHe-111と同じくらいの大きさがあります。

la200b04.jpg
機首に大型レーダーを装備したため、特徴的なエアインテークが3つ付いています。
下面インテーク内部や、左右のインテークと胴体の接合にはかなり強引なパテ盛りで対処しました。
ちょっと深海魚を連想させるようなこの顔が気に入っています。

la200b10.jpg
キットはA&A MODELSというブランドの1/72スケールキットです。
おそらくAvisというメーカーのLa-200を元にしてLa-200B用のパーツを追加したキットのようです。
部品どうしの合いは最悪です。どのパーツも「嵌らない」か「隙間ができる」かのどちらかです。
ポリパテを多用しましたが、スジボリの再生に苦労しました。

la200b08.jpg la200b09.jpg
説明書は指示がアバウトかつ誤植がふんだんに存在するので注意が必要です。
主脚はどう見ても強度が足りないため、真鍮線で軸打ちをしました。
そのうえ、根本の見えにくい場所につっかえ棒を取り付けないと、機体の荷重に耐えられません。
その他にも随所に補強を入れて組み立てたほうが安心です。

久々に手強いキットでしたが、なんとか完成させることができて満足です。
スポンサーサイト

2018年静岡ホビーショーお疲れ様でした

shs57001.jpg
あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。
そして静岡ホビーショウお疲れ様でした~。
BMメンバーの皆様、会長のKazuさん、大変お世話になりました。
今後ともどうぞ宜しくおねがいいたします。
今年は懐かしい人に久しぶりに会えて楽しかったです。

しかし、年々増え続ける人手。
展示会会場が混みすぎて、あまりじっくり見ることができなかったのが心残りです。
企業ブースはバンダイのエッチなフィギュアだけ激写した以外はさっと回ったのみです。
shs57121.jpg shs57122.jpg shs57123.jpg
shs57124.jpg shs57125.jpg
それでもなんとか展示会で撮ってきたものの中からいくつかご紹介したいと思います。

まずはBlog Modelersブースから
shs57003.jpg shs57004.jpg shs57005.jpg
eiteさんのMig-3ジオラマ。木製機体の艶を意識した塗りも素晴らしいですが、
添えられたトラックのウェザリングがとてもリアルでした。

shs57077.jpg shs57078.jpg shs57119.jpg
林檎林さんの作品。一瞬見ただけではジェットビートルだと気づきませんでした。
まるで本当に存在するかのような雰囲気が見事です。

shs57013.jpg shs57014.jpg
今年はオオタキ製品を作るというお題がありました。これだけの作品が並ぶと壮観ですね。
shs57076.jpg
takiさんのヘルキャット。米海軍機の3色迷彩を筆塗りですってよ。

shs57079.jpg shs57120.jpg
cutnipperさん作の胸像達。
フロイラインのブロンドヘアーが美しいです。
そして襟章のキルロイマークがオシャレ。

shs57025.jpg shs57026.jpg
shs57027.jpg shs57028.jpg
shs57029.jpg shs57030.jpg
shs57031.jpg shs57032.jpg
shs57033.jpg shs57034.jpg
shs57038.jpg shs57039.jpg shs57040.jpg
特別ゲストにプロモデラー林周市さんの作品が展示されていました。
我々ゴミモデラーとは違い、ひとつとしてテキトーに塗っている箇所など無いのでしょう。
舐めるように見てきました。ちょっと高解像度で写真を載せておきます。

その他、別のスペースで気になった作品はこちら。
shs57062.jpg shs57063.jpg
1/144のTu16。ミニスケールをこんなふうに綺麗に仕上げてみたい。

shs57067.jpg shs57068.jpg
shs57083.jpg shs57084.jpg
良いですね~艦船模型。ヘヴィな雰囲気の帝国海軍艦も良いですが、カラフルな海外艦もまた良し。
今年は何か船にも挑戦してみたいですね。

shs57089.jpg shs57090.jpg
構成はシンプルなのにまるで実写のような写真が撮れるジオラマ。勉強になります。

shs57073.jpg shs57074.jpg
RODENのC-5。完成作品は初めて見ました。
輸送機はやはり地上作業状態が映えますね。

shs57056.jpg
コーブラー ふふふふーん

shs57105.jpg
台湾の方の作品。これ全部1/72(?)のミニスケールです。
ハッチ開口して中身まで作ってある作品もあってすごいの一言です。

shs57117.jpg shs57118.jpg
ガンダムはよくわからないんですが、これは精密感がダンチでしたね。
ロボット物は飛行機以上に塗装が大変そうです。

shs57095.jpg
一見するとただの連装砲ちゃんですが、電磁石で浮遊している面白い作品です。
あんまり気付いている人がいなかったので、もう少し見せ方に工夫があると良かったですね。

そして今年のキワモノ枠はこの一式陸上攻撃機です。
shs57070.jpg
キワモノ扱いは失礼ですね。柄のチョイスがとても綺麗だと思います。
実際昭和の手芸作品にありそうな雰囲気が素晴らしいと思いました。

まだまだたくさん撮ってきた写真があるので、続きの方にアップしておきます。
自分が持っていったLa-200Bは別のエントリーで改めてご紹介しますね~。

▽▽▽


続きを読む »

1/72 - Heinkel He111H-6 : (完成)

恥ずかしながら数年ぶりに飛行機モデラーとして帰ってまいりました。
1hgp01.jpg
どうも、すあまです。ハセガワのハインケルHe111H-6爆撃機を作りました。
マーキングはKG26所属機で、イタリアに展開していた部隊のようです。
初心に戻ってイチから勉強し直そうと思い、別売デカールを使用した以外は全くの素組みです。

1hgp02.jpg 1hgp08.jpg 1hgp03.jpg
塗装はTHE WEATHERING MAGAZINE第6号のスツーカを参考にしつつ試行錯誤してみました。
基本塗装は説明書の指定色をそのまま吹き付け、その後にパネルラインを残すように基本色を明るくした色で塗って変化を付けました。
煤汚れやシャドウはエナメル塗料を使用。
銀ハゲチョロはヘアスプレー塗装法ではなくスポンジで塗りました。

1hgp04.jpg 1hgp05.jpg
キットについて。
ハセガワのHe111はスジボリがしっかりしていて個人的には好きですが、人によって好みが分かれるかもしれません。
コックピット以外の内装パーツがほぼ無いのは少しさみしいです。
機首のキャノピーが3分割されているので、仮組みと目張りをしっかり行う必要があります。
翼と脚庫の貼り合わせ時には脚柱も一緒に仮組みしたほうが良いですね。

1hgp06.jpg 1hgp00.jpg 1hgp07.jpg
機体上面はクレオスのMr.ウェザリングカラーを使ってパネルごとに変化を付けてみました。
グレイッシュブルーを基本に、何回か塗り重ねたりホワイトを混ぜて明度を変えたりしてみました。
なんとなく全体的にメリハリがなくなってしまったような気もします。
もっと研究が必要なようですね。

1hgp09.jpg
キット付属のSC1000爆弾と共にベースを作ってみました。
この爆弾パーツですが、半円ではなくU字型に成形されているため、そのまま貼り合わせると爆弾が楕円形になってしまいます。
フィンを切り飛ばして接着面を削り、後から0.5mm厚のプラ板でフィンを作り直しました。
その他、人形はハセガワのWW2パイロットフィギュアセットからチョイス。
ドラム缶はスケールが若干違いますが、フジミの1/76 ジオラマアクセサリーセットから拝借しました。
地面は鉄道模型用の芝生シートで手抜き。気が向いたら車輪止め等を作るかもしれません。

-----
というわけで、作品の完成は半年ぶぅりデスね~
今回は色々練習を兼ねていたので製作過程はアップできませんでした。
このブログを始めた10年前と比べると手に入る素材が増えたり、
色々な技法が開発されたりして、ちょっと時代に取り残されている気がする今日このごろ。
しばらく知識のアップデートを行いながら、また製作に励めたらと思っています。
さて、次は何を作ろうかな~

【生存報告】2017年静岡ホビーショーお疲れ様でした

17shs000.jpg
どうもこんにちは。あけましておめでとうございます。
聞くところによると学生は夏休み真最中だそうですが、
このブログとは時間の流れる速度が違うようですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年も静岡ホビーショー合同展示会にBlog Modelersのメンバーとして参加させていただきました。
当日はお世話になりましたメンバーの皆様、会長のKazuさん、どうもありがとうございました。
今年は統一感のない完成品しか持っていけなかったので、来年はなんとかしたいと思います。

さて、今年も合同展示会でビシバシ写真を撮ってきましたので、その中からビビッときたものをご紹介したいと思います。
まずはかぽう先生のオービター&B747です。
17shs073.jpg 17shs027.jpg
17shs007.jpg 17shs008.jpg
17shs146.jpg 17shs145.jpg
BMブースでもっとも存在感を放っていたと言っても過言ではありませんでした。
耐熱タイルやブランケットの継ぎ目の繊細なモールドをすべて自作したという変態作品です。トラスは3D出力したものらしいですよ。

17shs030.jpg 17shs031.jpg
17shs032.jpg 17shs033.jpg 17shs034.jpg
こちらはcutnipper氏の赤きサイクロンとプロシア歩兵です。
360度どこから見てもザンギエフです。ソビエトの誇る圧倒的造形美が表現されています。
ザンギュラさんとは対象的に低彩度でヘヴィな塗りのプロシア兵も趣深いです。

17shs012.jpg 17shs013.jpg
17shs014.jpg 17shs015.jpg
Kazuさんのジオラマです。絶妙なエイジングの塗りにため息が出ます。
独自のスタイルが確立されたジオラマにも感服です。


続いて他サークルの作品を少し。
17shs040.jpg 17shs041.jpg
Aモデルの1/72スケールDo-Xです。これを完成させた人が居るとは思いませんでしたw
やっぱり存在感バツグンでしたね。

17shs047.jpg 17shs048.jpg
映画「トラ ・ トラ ・ トラ!」の撮影風景を再現したジオラマです。
ちゃんとテキサン・ゼロまで再現してて最高でした。
撮影セットの隅々まで小物があって、見てて飽きない作品でしたね。

17shs119.jpg 17shs120.jpg
このマリリンはすごかったですね~。本人がそこにいるような存在感でした。
写真がちょっとピンぼけになってしまったのが悔やまれます。

17shs086.jpg 17shs087.jpg
松本州平先生のダボハゼもナマで見ることができました。
まるで実在したヒコーキかのような雰囲気が出ていて流石だと思いました。

17shs092.jpg 17shs093.jpg
R工廠さんのジオラマ。この精密感は言葉を失いますね。リアルガチで。
また見ることが出来るなら虫眼鏡を持っていきたいです。

17shs079.jpg 17shs080.jpg 17shs117.jpg
17shs101.jpg 17shs102.jpg 17shs125.jpg
17shs054.jpg 17shs055.jpg 17shs056.jpg
17shs068.jpg
ウンツァー関係。正統派AFV物とは違った見せ方が多くて見ごたえがあります。
さすがにブームも落ち着いてきた感がありますが、来年は最終章ネタが見られるでしょうか。

17shs116.jpg
つよそうなサーバルちゃんもいました(違)

17shs083.jpg 17shs084.jpg
これは台湾のサークルさんだったと思います。
1/72スケールでこの迷彩を綺麗に塗れるのは素晴らしいですね。
III号戦車は個人的に好きな戦車なので一度作ってみたいです。

17shs130.jpg 17shs131.jpg 17shs132.jpg
どこのブースで撮ったか失念してしまったのですが、可愛い世界観の作品がたくさん展示されてました。

17shs094.jpg 17shs095.jpg 17shs096.jpg
17shs099.jpg 17shs100.jpg
AFVの大型ジオラマ作品。ただただ圧倒されました。
とりあえず手のひらサイズのジオラマでもいいから作ってみたいので勉強しようと思います。

17shs109.jpg 17shs110.jpg
吾輩でおなじみの利根さん。航巡は見どころがたくさんあって楽しいですね。
久しぶりに艦船模型が作ってみたくなりました。

17shs069.jpg 17shs070.jpg 17shs071.jpg
17shs136.jpg 17shs137.jpg
キャラ物の大型艦船もいろいろありました。やっぱりデカいのは正義ですね。
しかし、ズォーダー大帝艦はいつの間にこんなカッコイイ名前が付けられていたの…

最後に変わり種をひとつ。
17shs128.jpg
今年はビビッとくるキワモノ系の作品が無くて残念でしたが、
このなかなか味のあるかばんさんとサーバルさんはグッドでしたね。

さて、そろそろ長くなってきたので残りの写真は記事の続きの方に置いておきますね。
今年も展示会ではいろいろな刺激をもらうことができました。
会場でふとオーラを感じて振り向いたら山田卓司神が居たり、ぼーっと眺めていた一般入場列に金子辰也神が並んでたりするくらい神イベントです。
また来年、皆様と会場でお会い出来ることを願っております。
さー模型がんばるぞー

-----

続きを読む »

1/72 - British Armoured Car 1920(完成)

どうもこんばんは。月日の経つのは早いもので、もはや2016年も残す所あと僅かですね。
前回のVOMAG完成後も相変わらずのらりくらりと模型をいじっておりますが、たいした進捗は無い模様です。
何もかも9月に買った戦略ゲーム「Hearts of Iron IV」にハマっているせいのような気もしますが、おそらく錯覚でしょう。

で、手っ取り早く完成の喜びを知るためにRODEN様の小さいキットを素組みで作ってみました。
あまり時間を空けると忘れてしまいそうなウェザリングの練習も兼ねて。

bac1920_05.jpg
RODENのロールス・ロイス装甲車1920年型砂漠仕様です。スケールは1/72。
第一次世界大戦時に使用されていた旧式の装甲車ですが、
兵器更新の優先度が低い植民地では第二次大戦でも使用されていたようです。
ターレットに機関銃を3つも装備しているのでなかなかの重武装ですね。
エジプトで使用されていた車両なので、砂漠感が出るようなウェザリングを目指してみました。

bac1920_01.jpg bac1920_02.jpg bac1920_03.jpg
掌におさまる小ささですが、繊細なモールドで良い雰囲気に仕上がるキットです。
ただし、自分のロットは成形時の型ズレが酷くてすり合わせに苦労しました。
旋回機銃架は3箇所折れました。真鍮線などで作り直した方が簡単でしょう。
第一次大戦機用のアフターパーツが使えるかもしれませんが、さすがにもったいないかも。
荷台の雑具箱が左右使い回しパーツなのが唯一の不満点です。

bac1920_06.jpg bac1920_04.jpg
塗装はタミヤの指定色を参考にラッカーで基本塗装した後にウェザリングを施しました。
基本的にMr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュと、黄色みが強いサンド色のパステルを使いました。
Mr.ウェザリングカラーは砂埃が残りやすそうなところを重点的に色乗せしました。
溶剤で拭き取るよりも塗る時にある程度グラデーションを効かせ、
乾いてから境界を乾いた綿棒でこすってぼかすと良い感じになりました。

モチベーション的にはまだ低空飛行が続いてるものの、なんとか完成させることができました。
ウェザリングツールはたくさん出てますが、使いこなすのにはやはり練習が必要ですね。
このようなミニスケールは塗装の練習に向いているような気がしました。
今度は1/35スケールの方も作ってみたいです。

1/35 - Katyusha's T-34/85 : #01(完成)

За Правду!
t34pr06.jpg


ご無沙汰しております、すあまです。自動車部のホシノちゃんが好きです。
t34pr01.jpg t34pr10.jpg
さて、もはや多くを語る必要はない大ヒット映画、劇場版ガールズ&パンツァーからT-34/85カチューシャ隊長車を作りました。
もともとTV版から好きなキャラクターでしたが、劇場版での活躍に感動した勢いでキットを購入。一気に作ってしまいました。
特に高地撤退戦はアツかったですね。中部地方民としては三方ヶ原の戦いの徳川家康と重ねて見てしまいました。

t34pr02.jpg t34pr03.jpg t34pr08.jpg
キットはサイバーホビー製のTV版ガルパン仕様の物を組み立てました。
塗装は冬季迷彩ではなく劇場版と同じグリーン一色にしました。
クレオスのロシアングリーン1&2で明暗を付けて塗っております。
基本的に素組みですが、砲身はアルミ製のものに変更し、キャタピラはモデルカステンの可動履帯を使っています。
キットの連結キャタピラはゲート処理が大変過ぎるので覚悟が必要ですぞ。

t34pr04.jpg t34pr07.jpg
t34pr05.jpg t34pr09.jpg
今回初めてウェザリング塗装を勉強してみようと思い、某モデグラ誌や某AM誌の特集を見よう見まねでやってみました。
とにかく最初は記事に書いてある物を書いてある通りに使ってみようと心がけてみたのですが、
やはり加減が分からないので全体的に見るとまだチグハグな感じが出ていますね。
特に足回りの汚しはイメージがしづらくて苦戦しました。
でも初めてにしてはまあまあ見られる出来になったような気がします。

t34pr11.jpg
カチューシャ隊長のフィギュアはプラッツ製の「プラウダ高校フィギュアセット 雪原の戦いです!」の物です。
非常に小さいフィギュアなので塗るのに苦労しました。
サフだけでは塗料の食いつきが悪く、マスキングテープで塗装が剥がれることが何度もありました。
しっかりプライマーを吹き付けた方が良いですね。
ノンナさんも作りかけなのですが、こちらは微細気泡が多くて下処理が大変です。
完成したら一緒に並べて飾りたいと思います。


というわけで、ウェザリングの技法に触れてみる目的もあった作品でしたが、いろいろと勉強になりました。
とりあえずきちんと完成させることができたので、少しAFV模型に対して自信を持つことができました。
最近は飛行機模型の方に行き詰まりを感じることがあるので、これが良い刺激になってくれるんじゃないかと期待したり。
また、これからは陸物もぼちぼち作っていきたいと思う今日このごろであります。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。