人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遅報】2016年静岡ホビーショーお疲れ様でした

もはや2ヶ月も経ってしまいましたが、今年も静岡ホビーショーに行ってまいりました。
絶賛静岡病発症中です。なにも手に付かない。ダレカタスケテー

会場でお会いした皆様、お世話になりましたBlogModelersの皆様、ありがとうございました。
今年は展示会の会場が広くなったにもかかわらず、例年よりも見物客が多い気がしました。
あんまり混んでるのでブース付近に近寄ることができず、メンバーの方とあまりお話ができなかったのが残念でした。
来年はちょっと考えて行動しようと思います。

今年は予定していたルンプラーが完成しなかったので、
代わりにいつの間にか完成していたT-34/85 カチューシャ隊長車で参加しました。
16shs001.jpg
1/35スケールのカチューシャ隊長付きです。初めてまともに完成したAFVにしては上手く出来た気がします。
雑誌のハウツーを見よう見まねでやってみましたが、汚し表現の奥深さと難しさに触れることができました。
いろんなジャンルの模型が作れるようになるのは楽しいですね。
今回の製作でAFV用のマテリアルがたくさん手に入ったので、これからもちょくちょく作ってみたいと思います。

会場では200枚近く写真を撮ってきたのですが、全部はとても載せられないので、気になった作品を幾つかご紹介します。
まずはBlog Modelersブースから
16shs002.jpg
ちょうぎさんのダーティ・ペア。この透き通った肌、最高ですね。
ブース前でお話できたのですが、同じケイ派ということで、2人で盛り上がりました。
何層も塗り重ねてある瞳は素晴らしいの一言でした。やっぱり人形は目が命ですね。
次はこういうジャンルにも挑戦してみたいものです。

16shs059.jpg 16shs064.jpg 16shs008.jpg
今年もtoyさんの作品を舐めるように見てきました。
二式大艇のキットはヤバいという噂はよく聞くのですが、そんな感じは微塵も見せない出来です。
きっとこの裏には想像を絶する戦いが繰り広げられていたのだと思います。ぞぞぞ
F-4の丁寧な塗装も実物で拝見することができて勉強になりました。

16shs063.jpg 16shs007.jpg
Kazuさんのスピットファイアは整備中のジオラマ、どこから眺めても隙がありませんね。
ビン生だとくすみがちなイギリス機の迷彩色も絶妙な色合いで素晴らしいです。
一度このような臓物モデリングをしてみたいのですが、集中力が続かなさそうで手が出ません;

16shs004.jpg
eiteさんの作品。我が地元、岐阜のF-2戦闘機です。
ピカピカのF-2と年季の入った整備器具との対比が良いですね。
小物の配置の仕方も参考になります。ルンプラーの脇役配置に応用できそうな感じ。

次に、その他のクラブで特に気になった作品をご紹介します。
16shs012.jpg 16shs033.jpg
マッドマックス:フューリーロードに出てきたウォー・リグですね。
映画のマシンをかなり忠実に再現されていました。ドーザー部分の頭蓋骨が良い感じです。
フュリオサのフィギュアも良く出来ています。

16shs023.jpg
"WITNESS MEEEEEEE!!"
これもすごいです。まさに映画のシーンそのまま。

16shs048.jpg 16shs049.jpg
今年も沼津の模型おじさんの卓は凄いことになってました。一度は作ってみたいイリヤ・ムロミェツ。
エンジンは剥き出し、キャビンもよく見える機体なのに隙がありませんね~。
単色リネンのカラーリングも適度なウェザリングで料理されています。
最近、複葉機に対するモチベーションがなかなか上がらないので、良い刺激になりました。
いや、刺激が強すぎたゆえの静岡病かもしれません(笑)

16shs039.jpg 16shs040.jpg
今年は劇場版のおかげでガルパン物が増えてましたが、中でもこのTV番最終回のあんこうチームが素晴らしかったです。
自分で作ってみて実感しましたが、なかなかこう綺麗に汚すのって難しいですね。
基本塗装も微妙なグラデーションで陰影が付けられていて、4号戦車の重厚さが際立って見えます。

最後に、今年のキワモノ枠を一つ。
16shs042.jpg
ロンメル将軍への熱い想いが感じられるタイガーです。歴女チームもビックリ。
これでもエッチンググリルとか使われてたりして、ネタ枠といえど侮れませんね。

という感じで、長くなってきたので残りは記事の続きに写真を並べておきます。
また来年も行けると良いな。

続きを読む »

スポンサーサイト

第54回静岡ホビーショーに行ってきました


shs54_001.jpg
2週間近く経ってしまいましたが、静岡ホビーショーお疲れ様でした~。
年々静岡行からの体力回復が遅くなる今日このごろです。
今年も顔なじみのメンバーや今年初めてお会いした方々まで楽しい時間を過ごすことが出来ました。
会場でお会いした皆様、BM幹事のKazuさん、どうもありがとうございました。
また来年もお会いできることを楽しみにしております。

今年は展示会の写真をたくさん撮ってきたのでどどんとアップしちゃいます。
まずはBMのブースから一部。
shs54_002.jpg shs54_003.jpg
えりあんさんのつや消しがシブいジオラマです。
柵の裏にまでポスターが貼ってあるなど、隅々まで物語が形成されていてすごかったです。

shs54_004.jpg shs54_005.jpg
ヒロシさんのブガッティ。木製のインパネがクラシックでかっこいいですね~
エンジン周りも精密なディティールで見応えがありました。

shs54_006.jpg shs54_007.jpg
今年もマルボロ先生の筆塗り1/32複葉機を舐めるように見てきました。
よーく寄って見るとリブテープとかフリーハンドで描かれていて、もう意味が分かりません。
自分も静岡からの帰宅後にとうとうウィングナッツのキットを開封したので、来年は一緒に並べられるよう頑張りたいと思います。

shs54_009.jpg shs54_010.jpg
toyさんのロワールは小さいのに強烈な存在感がありました。
塗装も工作も隙がなく、見ていてため息が出る感じでした。
このシルバー塗装を盗みたい…!

shs54_011.jpg shs54_012.jpg
appletreeさんのユンカースはすごい迫力でした。
コルゲートの表面にもかかわらず塗装やデカールが綺麗に仕上げられています。
中の乗客が見えるようになっているのも面白かったです。

shs54_013.jpg shs54_014.jpg shs54_015.jpg
Kazuさんのシーハリケーン。やっぱり飛行機でもジオラマベースがあるとキマりますね。
むき出しのエンジンや配置された小物類まできっちり仕上げられていました。
特に機体の退色表現はすばらしかったです。この写真では伝わりきらないほどの非常に微妙な色彩でした。

shs54_016.jpg shs54_017.jpg
cutnipperさんの戦車。足回りの泥まみれ具合がとても良い雰囲気でした。
戦車兵も気合入れて塗られています。うちのA7Vもこういう仕上げを目指したい…

次にその他のサークルで特にビビッときたやつをご紹介。
shs54_026.jpg shs54_027.jpg shs54_028.jpg
迫力のスカッドミサイル。スケールは失念してしまいました。
この禍々しい魅力、たまらないですね。隅々まで手を入れられているようでした。

shs54_031.jpg
焚き火にあたる兵士達のジオラマ、これはすごかったです。
炎に照らされている部分が赤く塗られていて、夜の風景が描かれています。
これは立体絵画というやつなんでしょうか。とにかく感動しました。

shs54_053.jpg shs54_054.jpg
ローナー飛行艇。たしかフルスクラッチだそうです。
翼の質感など本物の羽布みたいでした。

shs54_041.jpg
最後は「例のプール」ですw
モチーフはネタ枠ですがジオラマの完成度はまさしく一級品です。
上手い人じゃないとできない芸です。
取材に来た地元テレビ局のスタッフらしきお姉さんまで「これ例のプールですね!」って言ってたのが印象的でした。

まだまだたくさん写真があるのですが、コメントはここまでということでご容赦ください。
残りは追記の方にまとめておきますので、よろしければ下のリンクをクリックしてください~
↓↓↓

続きを読む »

生存報告 および 第53回静岡ホビーショーお疲れ様でした


どうもお久しぶりです。そろそろ死亡説が流れそうですが、一応元気であります(笑)
見事にSHS燃え尽き症候群を発症してしまい、なかなか報告記事を上げることができませんでした。
が、なんとか復活の気配がつかめてきた感じでございますよ。
というわけで、かなり遅れましたがSHS参加のご報告をば…

shs5302.jpg
さて、先日(5月)、静岡ホビーショー合同作品展のBlog Modelersスペースに参加させていただきました。
年に一度のお祭りを大いに楽しみ、非常に有意義な2日間を過ごすことができました。
当日お世話になった皆様どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

合同作品展は今年も盛況でした。個人的に気に入った作品の写真をご紹介します。
まずは我がBlog Modelersブースから。今年は複葉機がたくさんあって個人的に嬉しかったです。
shs5303.jpg
マルボロ先生のルンプラー。筆塗りのローゼンジが相変わらずスゴすぎます。
リブテープの細切りローゼンジまで完璧に塗られてました。しゅごい。
ローゼンジは飽きたとおっしゃられていたので、次はオーストリア軍の渦巻き迷彩などはいかがでしょうか(無茶ぶり)

shs5308.jpg
初めてtoyさんの作品を生で拝見することができました。
塗装とか工作とか全てがピシっと決まっててため息しか出ませんでした。隙がない感じ。
フェリックストゥのキットは持ってるので、自分もこの張り線地獄に挑戦してみようかな…

shs5304.jpg
cutnipper氏の作品。いいですね、お尻。どちらかと言うと自分はお尻が好きです。

shs5305.jpg
so-sukeさんのムーミンジェットです。手のひらサイズなのにすごく綺麗に塗装されていました。
1/144より小さい模型はディティールを気にせず作れそうで良いですね。
来年は自分もなにか旅客機を出品したいな~

shs5311.jpg
RODENのOpelバス発見。自分が作りかけのやつとはタイプが違いますが、これの完成作品は貴重ですぞ。
金色のボデーもなかなか趣がありますね。

そして来場者の注目を集めていたのがこちらの2つ。
shs5309.jpg shs5310.jpg
ヒロシさんの社長とappletreeさんのホテルアドリアーノです。
元ネタの知名度もありますが、やはり見た目のインパクトが違いましたね。
社長はメタリックな外観と電飾の効果がとても綺麗でした。ポーズもカッコイイ。
ホテルアドリアーノはフルスクラッチで、室内まで作りこまれています。
サイズ的にちょうどポルコが上空から見ているのと同じ視点で見ることができるのがポイントですね。
素晴らしかったです。

BM以外のブースですごかったのはこの美ら海水族館のジオラマでした。
shs5306.jpg
一見水槽を外から見たジオラマですが、下の方に覗き窓があり、そこから中を覗くと…

shs5307.jpg
大水槽とジンベエザメが浮かび上がるのです!
水は透明樹脂っぽいのですが、泡や光の拡散が見事に表現されていて、
いったいどんなオーバーテクノロジーを使っているのかと驚くばかりでした。


shs5301.jpg
また、今年は両日とも最高の行楽日和だったので、初日は昼から日本平へ観光に行ってきました。
富士山もバッチリ見え、野良猫とも戯れたりして深夜ドライブの疲れが癒やされました。
その分初日はあまり会場を見られなかったですが、リラックスできたから良しとします(笑)
しかし、いつにもましてハイレベルな作品を見たせいなのか、長らく静岡病にかかってしまいました。
帰った次の日に書き始めたこの記事ですが、なんやかんやあってちっとも書き終わらず、結果こんなに遅れることに…。
一応ずっと手は動かしていたので、ぼちぼち復活していけたらと思います。
とりあえずF.2Bは完成したので、次回はそちらの完成記事を上げる予定です~
shs5313.jpg

静岡ホビーショー2013 お疲れ様でした

ようやくブログを更新する気力が復活。

行ってまいりました静岡ホビーショー。
今年もBlog Modelersメンバーとして合同展示会に参加させていただくことが出来ました。
代表のkazuさん他、メンバーの皆様には大変お世話になりました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2013052301.jpg
今年は例年より会場が混雑していたように感じました。
我がGIF県でもNHKのニュースで取り上げられていたようなので、県外からの来場者が増えたんですかね~
混雑甚だしい企業ブースは流し見する程度で、もっぱら合同展示会の方を回っておりました。
会場では久しぶりに某作左さんにお会いできた上に、超絶技巧な作品から非常に刺激を受けました。
あと30年は努力しないとあの域にはたどり着けなさそうです(笑)

ただ、今年は2日とも午前中で力尽きて午後は爆睡してしまい、あまり会場を回れなかったのが心残りですね。
特に2日目は撤収時間を間違え、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。
来年は電車で行くのも検討したいと思います。

2013052302.jpg
そんなわけで、今年の戦利品は懇親会で貰ったキットのみです。
MD-80はyaszoさんに「テカテカに仕上げて!」と言われてしまったので、なんとか頑張ってみようと思います(笑)

2013052303.jpg
今年は割りと不甲斐ない参加だったせいか、静岡病の症状が出ておりません。
だんだん机の上がお手つきに侵食されて作業効率が下がってきているので、
簡単な奴からどんどん完成させていきたいと思います。
とりあえずSPADとかからやってみようかな。

今年はJMCが無いので、もうあとは年を越すだけですね。
とりあえず当面は数をこなす事を目標に頑張ります。

JMC東京その後

どうも、お久しぶりです。
JMC直後から急に忙しくなり、約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
今更ですけど帰還のご報告です。

2012111503.jpg
去る11月17~18日に東京へ行ってまいりました。
新しく昔の形になった中央停車場も見てきましたが、目的はJMC東京の作品展示会への参加です。
自分は今回が初参加でしたが、ハセガワ主催だけあって飛行機模型が多くて個人的にとても楽しかったです。
いろいろな作品を鼻息がかかるくらいの距離でためつすがめつ眺められて非常に満足でした。
調子にのって写真を撮りまくっていたら150枚以上になってしまいました。
とてもここでは紹介しきれないので、BMポータル等に丸投げしたいと思います(笑)
また、今年のSHSではお会いできなかったBMメンバーの方々ともお話できて有意義な時間でした。
BM会員の皆様、会場でお話を聞かせていただいた皆様、ありがとうございました。
できればまた来年も参加させていただきたいと思います。

2012111502.jpg
東欧プラキットの作品ばかり持ち込んだので、せめてものお布施に会場でハセガワ製品を買って来ました。
マックス・インメルマンの名前とバイエルン州旗に釣られて買ったRF-4Eと、
モデルカステン製のWWIパイロット&地上作業員フィギュアです。
このお手つき状態で1/32スケールの複葉機に手を出せるのはいつのことやら…。


さて、話は変わって
会場でいろんな方から「あの緑色のパテは何?」と質問されたので、ここで紹介しておきます。
2012111501.jpg
これがそのフィニッシャーズのラッカーパテです。
うちの近所では車で片道30分くらいのところにある模型屋でしか売ってません。
きめが細かく削りやすいので、最近はもっぱらコレを使用しています。
専用の溶剤も買うと結構な出費ですがオススメですよ。

tu20906.jpg
そしてTu-2は各部の隙間埋めをしています。
マスキングテープで隙間の周囲を養生し、ポリパテをすり込みました。
この後はサフを吹いてさらに隙間チェックになります。
来年の静岡ホビーショーには完成した姿で展示できるよう頑張りますよ~

沼津の模型おじさんから頂いたもの

いわゆるひとつの静岡病にかかっている今日この頃です。
合同作品展にて得たるやる気はあれど、旅の疲れもありて手が動かず云々…
という言い訳はさておき、当方面にも沼津兵站基地から補給物資が到着いたしました。
2012052801.jpg
見てくださいこの贅沢なプラモの山。
東側の機体を中心にレアそうなものがたくさんあります。
3つあるRODENのHe111だけで10年は戦えそうですね。
それにICMのTB-3は欲しかったキットなので最高に嬉しいです。
作左さんありがとうございました!

そして突如始まった沼津祭りこと沼津縁側爆弾被害者(笑)の会
これだけのキットを頂いて放置しておくのは罰当たりなので早速参加表明でございます。
超高難易度のHe111と運搬できないTB-3以外で悩みぬいた結果、選んだキットはこちらです。
2012052802.jpg
アンコールモデルのTu-2です。
そこそこ変り種でなおかつ完成させられそうなやつを選んでみたつもり。

2012052803.jpg
このキット、極小の凹リベットが全面にびっしり打たれています。
なんですかこれ。オーパーツか何かですか。
パテとか迂闊に使ったらモールドが埋まってしまいそうです。
どうしよう。ちゃんと完成するのかしら。

いざとなったらAn-2に逃げるとして、とりあえず離型剤でべっとべとのランナーを洗うところから始めようと思います。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。