人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 - A-1H #BLOOD, SWEAT, AND TEARS : #04

ご無沙汰しております~。
順調に原稿が修羅場っておりますが、合間にちょっとだけ模型をいじってみました。


水平尾翼の取りつけが安定しません。取り付け穴が大きいようです。
ダボに0.3mmのプラ板を貼ってみたら、ちょうど良いきつさになりました。


まだ胴体と主翼は接着していませんが、
サフを吹いて継ぎ目やスジ彫りのチェックをしています。
修正する場所がいろいろ出てきたので、士の字はまたお預けですね~。

う~む、ほとんど中身の無い記事になってしまった;
東京旅行の写真もまとめないと…。
スポンサーサイト

1/72 - A-1H #BLOOD, SWEAT, AND TEARS : #03

さて、ずっと放ってあったスカイレイダーの製作です。
アイリスのコックピットがなかなか胴体におさまってくれず、悪戦苦闘しておりました;

胴体パーツの内側をリューターで削りまくったらなんとか入ってくれました。
だいぶ向こう側が透けていたので、脆くなってないか心配です。


実機の写真を見るとカウル内のシャッターを閉じてる機体はほとんど無いので、
カッターで切り離して開いた状態に加工してみました。
閉じた状態のパーツしか入ってないのはちょっと不親切ですね。


現在のコックピット周りの状態です。
エポキシパテで無理やりつじつまを合わせています;
座席後ろの布製カバーみたいなものは、アイリスのパーツには無いのでパテで自作しました。


このエアインテイクの口にある仕切りをプラ板で追加しました。
これが有るのと無いのではけっこう違いますね~。


カウルフラップも胴体と干渉する部分があるので、調整しないといけません。
排気管はピンバイスで穴を開けました。

>主翼と胴体の接着が結構難しいです。
特にがらんどうの後端のために、接着しろを作りました。
胴体側面と主翼の間に隙間が目立ったので、胴体内からプラ棒ですこし広げてやりました。
これで隙間はなくなったのですが、胴体の貼り合せ面が割れないか心配です;
主翼の付け根部分もつっかえ棒を接着してみました。
これで強度対策はバッチリでしょう。たぶんw

といった感じでそろそろ士の字になりそうです。

1/72 - A-1H #BLOOD, SWEAT, AND TEARS : #02

別サイトの件が本決まりになりました。
12月初旬まで忙しくなります~。
ヒント:冬の有明漫画祭り

と言いながらスカイレイダーの記事です(ぉぃ

06112501.jpg
プロペラブレードの幅を広くしてみました~。
なんか飛行機モデラーって感じw
Mr.軽量パテを使ったのですが、削りやすい分やはり脆い;
もう盛っては削り、盛っては削り…
しかも1日の作業時間が短いので3日はかかりました。
もはや向こう側が透けて見える感じ。エナメル塗料は使えなさそうです。

06112502.jpg
かっこよくなってきた!
パーツ数が少ないってのも良いな。

では別件に戻ります。
次回「すあま、リューターを買う」をお楽しみに!

1/72 - A-1H #BLOOD, SWEAT, AND TEARS : #01


仕事帰りにハセガワのA-1H スカイレイダーさんを買ってきちゃいました。
久々に1/72の飛行機ですよ~。
今まで世界大戦系の兵器しか作らなかったのですが、今回はヴィエトナム戦争の飛行機でございます。
ええ、先日観た「ワンス アンド フォーエバー」での活躍を見たからですよ。
いや~、これだから影響されやすい人間は…(自分)

映画で飛んでいたのは海軍機のようですが、在庫がなかったので空軍機の方を買ってきました。
ネットで写真が見つかったマーキング例2"BLOOD, SWEAT, AND TEARS"を製作します。
「血と汗と涙」なんてどこの四魔貴族?と思ったら、1970年ごろ人気だったバンドの名前だそうです。
とにかくヴィエトナムはまったく分からないので、適当に買ってきたウェポンセットが使えるのかどうか心配ですよ。
とりあえず資料写真に映っている小型爆弾は入ってませんでしたが、ロケットポッドが使えるみたいです。


で、富士用のパーツを通販したついでに、アイリスのコックピットパーツとeduardのマスキングテープも買いました。
ほとんど見えないのに贅沢なパーツ…。まあ、せっかくですしw
マスキングテープはフィルム製でした。これはちょっと使いにくいかも。

キットはそんなに古くない設計らしいので、簡単に組めそうです。
ところどころスジ彫りが非常に浅い部分がありますが;
細かい修正などはインターネットで探してみます。
1/72ですがデカい飛行機ですね。1/48のAlbatros D.IIIより大きいですよ。

で、モチベーションが高いときには作るに限る、ということで製作開始。
06111603.jpg
とりあえず増槽を組んでみました。
外堀を埋めていく感じで小物からの攻略です。
きっと先に機体を組むとお手つきになるので;
富士で詰まった時にちびちびやるつもりであります。


【追記】
実はワタクシ、名前を変えて別の創作活動もしているのですが、(たまにコメント欄とかでボロが出てますw)
そちらでちょっと動きがありまして、しばらく模型製作の時間が少なくなるかもしれません。
水祭り、間に合うのか…!?

 | ホーム |