人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 - VOMAG 7 OR 660 Omnibus : #04(完成)

フォマークバス完成しました~
vomagbus001.jpg
VOMAG 7 OR 660は、その名の通りVOMAG社が製造した大型バスです。
全長6m、重量7トン。エンジンは160馬力で40人~60人の乗客を乗せる事が出来ました。
戦時中は軍に徴用され、前線とその他の地域に兵員を輸送するために使われたそうです。
塗装は1940年代初期のDeutsche Feldpost車両にしました。

vomagbus003.jpg vomagbus004.jpg
キットは僕らのRODEN製、縮尺は1/72スケールです。
指定色がただの緑色だったので、タミヤスプレーのレーシンググリーンにしてみました。
以前作ったシュトラーセンツェップと違い、銀モールの塗装が無い分塗りやすかったです。
デカールはかなりボケボケの印刷で色も透けてあまり品質が良くないですね。
研ぎ出しはまだコツが掴めてない感じ。もっとピカピカにするにはどうすれば…

vomagbus002.jpg vomagbus005.jpg
パーツの歪みはありませんでしたが、ボデーを段差無く箱組みしようとするとルーフの中央に0.5mmほど隙間ができました。
プラ板で裏打ちしてからパテで隙間を埋め、でこぼこのルーフは何度かパテ盛りして滑らかにしました。
資料不足でよく分からないのですが、ルーフの白い部分は幌で、開閉できるような構造の可能性があります。
相変わらず足回り(特に車軸とタイヤ)の強度が足りないので要注意です。
あとエッチングが硬いです。後部のラッタルが一番難しいので慎重に曲げましょう。

vomagbus006.jpg
RODENのバス模型もこれで2台目になりました。
クラシックの中にもモダーンなデザインに惹かれますね。
オペルブリッツ・エアロのキットも持っているので、いずれ作りたいと思っています。
ゆくゆくはビュッシングのバスもキット出していただきたいので、RODEN様なにとぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

1/72 - VOMAG 7 OR 660 Omnibus : #03

ご無沙汰しております。すあまです。もはやSHSは目と鼻の先になってまいりました。

結論から申し上げますと、ルンプラーは今年のSHSには間に合いませんでした。
原因は3月に毎週末ガルパン4DXを見に行っていて作業が全く進まなかったこと以外には心当たりがありませんね…
4DXだけで4回見ました。でももう一回見に行きたい。まだ体験していない人は人生において損をしていますよ。いますぐ映画館にパンツァー・フォーです。

さらに、先日東京へ某スクールアイドルグループのファイナルライブを見に行ってきたのですが、
旅行中にどこかでカンピロバクターさんを拾ってきたらしく、帰ってきてから2日間寝込む状況に陥ってしまいました。
なんとか回復しましたが、未だに持っていく作品が一つもない始末です。どうしましょう。

というわけで、一番完成に近いであろうフォマークを仕上げてしまおうと思います。
vmgbus0301.jpg
ボデーの磨きが終わったので、窓ガラスの取り付けに入ります。
RODEN製品にはおなじみのフィルムを切り取って貼る方式ですね。
きちんと手袋をして作業しましょう。

vmgbus0302.jpg
フォマークバスは比較的平面が多いのでフィルムが貼りやすかったです。
リアウィンドウだけは曲面にあまりなじまなかったかも。
接着にはセメダインのホビー用接着剤を使用しています。

vmgbus0303.jpg
このキット、タイヤの合いが悪いですね。どこが干渉してるのかわからないのですが、貼りあわせても隙間が出ます。
実物はこの面にもちゃんと溝がありますが、自分の技術では再現不可能なので割愛します。

vmgbus0304.jpg
それからなんやかんやして、タイヤを取り付けてようやく自動車の形になってきました。
後はボンネットとフロント部分、そして屋根に取り付ける荷台を作れば完成です。
今月中にはベースを含めて仕上げたいですね。

1/72 - VOMAG 7 OR 660 Omnibus : #02

あけましておめでとうございます。
かなりお久しぶりの更新になってしまいましたが私は元気です。

実は昨年の11月に父親が急に入院してからいろいろ忙しかったもので、
なかなかブログの更新をする気力が無く、しばらく放置してしまいました。
幸い1ヶ月で退院できたのでとりあえずは安心できそうです。
SHS日程も発表されたことですし、これから制作ペースを上げていきたい今日このごろであります。

さて、本来ならルンプラーの途中経過をアップするべきなのですが、
正月休み中にしばらく放置していたフォマークの制作が捗ったのでそちらを更新しようと思います。
今年こそオペル観光バスと合わせて展示できたらいいなー。

vmgbus0201.jpg
フォマーク、ボデーの塗装が終わりました。
タイヤハウジングの真円じゃない曲線をどうマスクしようか悩んでいたのですが、
ちょうどタミヤから曲線マスキングテープが発売されたので、それを使用しました。
ちまちまマスキングテープの細切りを貼るより全然楽で綺麗に塗れます。引っ張りながら貼るのがコツ。
普通のマスキングテープより若干分厚いのが欠点ですが、曲線マステもう手放せません。

vmgbus0202.jpg
ボデーは現在クリアー吹きの真っ最中なので、その間にシャーシその他の組み立てをします。
ペダル等の小物パーツがめちゃくちゃ小さいので慎重に切り離し&接着。
エンジンとシャーシ、及びシャーシと床板の接着面積が心許ないですがまあなんとかなるでしょう。
たぶんドアステップでボデーと床板を接着する設計になってると思います。
エンジンはボンネットを被せると全く見えなくなるので塗装は適当です。

というわけで新年初投稿はフォマークでした。
クリアーは3回塗り重ねてだいぶ塗膜が滑らかになってきたので、そろそろ研ぎ出しの工程に入れそうです。
ルンプラーの方はもうデカール貼りまで進んでいますので、そちらの記事はまた後日投稿しようと思います。
それでは皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1/72 - VOMAG 7 OR 660 Omnibus : #01


皆さんこんばんは。早いものでもう3月になってしまいました。
OV-1Dはぼちぼち塗装中であります。
タイミング良くモデルアートが現用機塗装特集をしてくれたので、それを参考にしたいと思います。
モホークはまだ切りが悪いので、今回はそれとは別に平行して作っていた物をご紹介しましょう。

vmgbus0101.jpg
こちら、RODENのVOMAGオムニバスです。
戦前のバスに目がないもので、これも発売されてすぐ買ってきました。
できれば5月までに完成させて、静岡でシュトラーセンツェップと一緒に飾りたいところ。

vmgbus0102.jpg
キットは割りとカッチリした作りになっています。
シュトラーセンツェップと違って仮組みするとボデーと床板がバッチリはまってくれました。
それでもところどころ微妙なところがあって、部分的に表面が妙に梨地になってたり、
タイヤを貼り合わせると隙間ができたりします。
椅子もたくさんあるので塗装が面倒くさそうです。

なにより、屋根に隙間ができるのはいただけません。
vmgbus0103.jpg
側面を胴体前後部のパーツに辻褄が合うよう接着したのですが、0.3mmほどの隙間ができます。
接着面よりダボ穴部分がちょっと飛び出ているので、金型に問題有るのかもしれません。
とにかくこれではボデーの強度的に大問題なので、プラ板を裏打ちしてから隙間を埋めることにしました。

vmgbus0104.jpg vmgbus0105.jpg
0.3mmプラ板を裏に貼り、隙間にもプラペーパー等を挟み込んでからポリパテ等で屋根を成形しました。
内装が白いために目立つといけないので、裏打ちした部分の段差もあらゆるパテを投入して滑らかに修正。
ここまでかなり重労働でくじけそうになりましたが、なんとかなりました。

vmgbus0106.jpg
こいつももう塗装に入っています。
指定の緑色がよくわからなかったので、好みの色にしました。
このキット、説明書の指定色がファレホになってますね。
やっぱりモデルマスターカラーは不評だったんでしょうか。

といったところで次回に続きます。
もうSHS当日の宿は確保したので、余裕をもって完成させられるようがんばりたいと思います~。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。