人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #14

Albatros D.III(Oeffag) #153.32完成しました~!
ちょっと照明が足りてないですがご勘弁を;

oeffag301.jpg
こんな感じで。製作期間は約1ヶ月です。
途中、輸送中に墜落するというアクシデントもありましたが、なんとか完成しました。
今回は改造して型を変えるというチャレンジもしましたが、合格点をあげられる出来にはなったようです。

続きで細かくご紹介します~



続きを読む »

スポンサーサイト

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #13

下翼&足回りの工作完了です。
これで全ての部品の組み立てが完了しました!

06032304.jpg
Albatrosは支柱の数が少ないので、工作が楽です。
しかし、あれだけこだわったのに上半角が左右違ってしまったようです;
角度を出すのが苦手なので、さらなる修行が必要です。



続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #12

ついに翼を接着する時が来た!

といってもまず上翼だけを取り付けました。
06032101.jpg
下翼は上半角がある上に、胴体との接着が不安定なので後回し。
しっかり乾燥した上翼にあわせるように接着するプランで行きます。
Albatrosは胴体支柱のみで上翼を支えられるので、このような事が出来ます。
イギリス機ではなかなかこうはいきませんね;
上翼の支柱取付用の穴は、斜めにドリルで穴を開けないと上手い角度になってくれませんでした。



続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #11

最近、模型にさわるだけの毎日です。
いや、今日はスロット打ちましたが。ゲーセンでw
別のホームページを大分ほかってあるので、そろそろ向こうにも戻らないと…。

06032006.jpg
といいつつ、翼の塗装をしました。
ここにもちょっと改造がほどこしてあります。

詳細は続きにて~


続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #10

胴体の最終工作です。

まず、プロペラで問題発生。
キットのプロペラはアキシャル(Axial)製のものですが、私の作っているOeffag D.IIIのペラはAxialではないようです。
形から判断するとハイネ(Heine)かヴォータン(Wotan)のどちらか?
ちょうどRODENのFokker D.VIIにHeine(?)のパーツがあったので、最初それを使おうとしたのですが、Heineでも別の種類のもののようで似ていない。Gothaには使えそうw
悩んだ末、Bristol F.2Bのプロペラに似ていることに気付く。
結局不要パーツだった4枚ペラの2枚を切り落として使うことにしました。

06032004.jpg
塗装終了後の写真。
WWI機の木製プロペラは合板でできており、交互に濃い色と薄い色が重なっているものや、全部同じような色調のものなど個体差があります。
持っている写真では、オーストリア軍のペラはあまり縞模様のプロペラが無い。よって、今回は特に合板表現をせずに木目塗装をしました。
合板を強調した方が模型的に見栄えがするので、ちょっと後悔;



続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #09

胴体塗装の続きです。

実は胴体上面の塗装がよく分かりません。
こちらの塗装図ではカスレ塗装みたいですが、
資料にしている作例写真では斑点が描かれているようです。

06031901.jpg
そこで、今回は作例と同じ模様を塗装しました。
いつもどおりPhotoshopで解析して、まずベース色を吹きます。今回はアルミ部分の下塗りにも使えるので、そこまでしっかり塗りました。
斑点はちょうどタミヤのフラットフレッシュと同じ色のようなので、エナメルのフラットフレッシュで斑点を描きました。

根気良く。根気が全て。
この細密塗装がその後の修正を妨げることになろうとは…;

それはさておき、ホントにこんな気持ち悪い模様の飛行機なのでしょうか?;



続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #08

昨日中の更新は無理でした;
今回から塗装作業に入ります。
塗装の手順を考え、尾翼のリネン→胴体木目塗装→胴体上面まだら模様→アルミ打ち出し部分の順に塗っていきます。

多くのAlbatrosと同じく、153.32も胴体のほとんどが木製胴体むきだしです。
欧州モデラーのようにリアルな木目塗装は無理ですが、そろそろ慣れてきたので上手く塗りたいところ。
1/48での木目塗装は初めてですが、1/72と特に方法が変わるわけでもありません。
いつもどおり塗っていこうと思います。

06031802.jpg
いつもどおりと言いましたが、今回は1/48ということで新しい試みを。
1/48だと面積が広いので、塗装による木目だけでは効果が薄い。
そこで、仕上げのサフを吹いたあと、木製部分にのみ600番のペーパーで軽く表面に傷をつけました。
写真ではほとんど分からないですけど;
1/72だとオーバーですが、うまいこと木の地肌になってくれると良いのですが…。

結果は続きで~



続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #07

製作記が遅れているので、はやく現実に追いつかねば;
06031705.jpg

今日は胴体の細かいディティールについてです。
Oeffag D.IIIは点検ハッチの位置がD.IIIと違うので、修正します。
幸いにもPP版なのでエッチングパーツにハッチがあります。
が、1個足りない上に、形状が違うハッチまであるので、それは工作が必要です。

続きでは具体的な改造箇所を説明します。

続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #06

06031606.jpg
これが現状です。もうこの亀裂は直す気力が無い;

皆様の温かいお言葉に励まされ、もう少しがんばってみようと思いました。
RODENのキットが気分転換にならなかったわけではないですよ?
別にエンジンカバーをあわせるのに苦労しそうだとかカムカバーが折れてたりしてませんよ(泣)

すでに胴体を割ることが出来ないので、エンジンも取り出せず。
会心の木目塗装とアルミ打ち出し塗装なのにこのままお蔵にするもはもったいない!
コクピットをごまかすために、中にパイロットを乗せてみようと思います。
WWIパイロットフィギュアはなかなか無いので探すのに骨が折れそうです…;

続きでは在りし日のコクピット内部をご紹介します。


続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #05

非常に悲しい出来事が起こってしまいました。

実はすでに内装の塗装が完了し、胴体も貼り合わせて尾翼などをつけ終わっていたのです。
そして今日、塗装も順当に進んでいたところで、
運搬中に床に落っことしてしまいました。

内装パーツが全てはがれてばらばら。
胴体上面が貼り合わせ面に亀裂が走ってしまいました。
エンジン架も片側がはがれたらしく、力を入れすぎると壊れそうです。
そして私も壊れそうです……;

06031501.jpg

どうしよう。
どうしたら良いか答えが出るまで、先日買ってきたキットを作って気持ちを整理したいとおもいます。
RODENの1/72 Albatros W.4(late)です。


ああ、会心の出来だったのに……(泣)

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #04

Austro-Daimler 200hpエンジン完成です~。
06031101.jpg06031102.jpg
今回はこの辺で妥協;
コレと比べていちおう雰囲気は出ているはずです。
割と流用できるパーツが多くて助かりました。
詳細は続きにて~


続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #03

06031001.jpg
細かな資料はRODENのパーツ写真を見るしかない今日この頃。
エンジンと並行してカウル部分を工作中。
Series.153が左右どちらのカウルなのか分かりません。
RosebudのサイトにはOeffag D.IIIの写真が無いのですが、D.IIIの中にOeffagらしきものがあります。
シリーズが判別できませんが、カウルとしては左側のものと同じです。
153.32は初期型で、スピナーが残っている型なのでこれと同じとみなします。
資料が無いのでしょうがない。間違ってたらやだな;
ていうか、左側のプロペラもなんか形が違います。謎だらけ。

まあ、とりあえず製作開始です。



続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #02

06030703.jpg
とても修正しにくい位置に押し出しピンがあるという。
すり鉢の底なのでカッターが使えない!

それはさておき、Albatros D.III(Oeffag)の特徴について調べてみました。
ただでさえWWI機の資料が少ないうえににわか仕込みですが;
詳細は続きにて~

続きを読む »

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #01

06030701.jpg
無謀にも同時進行を増やす作戦。もはや太平洋で360度戦線を展開するが如し。
最近ちっとも複葉機を完成させていないフラストレーションと、
このままGothaをのらりくらり作っていても(上下翼の組み方を思案中)
埒が明かないということもあり、さらにこのままでは静岡に持っていくものも出来そうに無いというわけで。
この選択が吉と出るか凶と出るか!?

てなわけでF-2Bでリフレッシュした気持ちをJaegdtigerにかたむけつつ、新キットに手を出すことにしました。
eduardの1/48 Albatros D.IIIです。これはEP3 張り線の復讐に追加エントリーします。


続きを読む »

1/72 -Mitsubishi F-2B #102 : #08

1/72 三菱 F-2B - #102完成しました~
mf2b06.jpg
更新をサボっていたので、完成したのはけっこう前です;

完成した現用機としてはこれが初となります。
製作はストレス無く組むことが出来て、とても良いキットでした。
途中、クリアーパーツのパーティングライン消しに戸惑ったり、
#102のデカールが手に入らないという事態になりましたが、
magusさんのおかげでなんとか危機を乗り越えることが出来ました。
アドバイスなどありがとうございました~

製作に関しては特にディティールアップなどはしていません。
見所はやはり市松模様のミサイルですねw
この塗装はASM-2の模擬弾の塗装だそうです。
フィンがちょっと曲がってたりしますが、未熟なので勘弁してください;

機体の塗装はちょっと失敗しました;
ざらついている感じが写真でも写っているような。
シャドーも上手く吹けなかったです。現用機の塗りはまだまだ修行が足りないようです。
デカールはなんとかシルバリングせずに仕上げることが出来ました。

今まで現用機には手を出してきませんでしたが、完成したものを見ると、これはこれでかっこいいものですね。
木と布で作られた飛行機に飽きてきた時、また現用機も作ってみようかと思いますw

その他アングルは記事の続きで~


続きを読む »


 | ホーム |