人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 M3 LEE Mk.I in Aflica : #05(完成)

M3中戦車、完成でございますよ~
なんとか日曜日で仕上げることが出来ました。
ミニスケは塗装の加減が難しく、あまり塗装はいじくれませんでした;
では完成写真をば~
m3lee02.jpg m3lee08.jpg
塗装はタミヤアクリル塗料のデザートイエロー一色です。
デカールもないので
レッドブラウンでウォッシングしてから、バフで2回ほどウォッシング。
こげ茶、黒、バフ等でドライブラシしたあと、タミヤのウェザリングマスターで汚してみました。
これ、けっこう簡単で良いですね。はがれやすいのは困りものですが;
m3lee05.jpg m3lee07.jpg
左右から。
キャタピラはやっぱり苦戦しました。
タミヤの白サフを使ったのですが、ひねったりすると塗装がはがれました;
脚まわりには、バフやダークイエロー、フラットアースなんかも吹いています。
m3lee03.jpg m3lee04.jpg
前後から。
リアは汚れが溜まりそうだったので、かなり汚くしました。
OVMの塗装が苦手なので、そこらへんを今後研究したいですね~。

ここまでディティールアップするのは久しぶりだったのですが、
結構すんなりと完成させることができました。
艦船模型のように、細かい改造でも違いが出て良い感じですね。
ちょっとミニボックスの魅力を再確認してしまいましたよ。
祭りの予感がするw

m3lee13.jpg
てなわけで、完成祝いはちょっと良いお酒でw
響はミニチュア瓶なので、大きさの比較ができる…かな…?
さあ、この調子でHe59とか富士とかスカイレイダーとかがんばるぞ~!
スポンサーサイト

1/72 M3 LEE Mk.I in Afleca : #04

最近鼻水がずるずるです。
風邪なのか花粉症なのか分からない;

LEEは塗装を始めましたよ~
07022401.jpg07022402.jpg
下手に迷彩をやると台無しになりそうなので、デザートイエロー一色の車両にします~。
カメラの関係で写真ではちょっと色が違う気がしますが;
ベース色を吹いてウォッシングしたところまでできました。
砂漠ということで、これからもっと砂埃で汚くしていこうと思います~。

07022403.jpg
デザートイエローということで、今日はデザートを食べました。
作左さんのブログのような特別おいしそうな物はありませんが;
ちょっと高い焼きプリンと、鳥井さんのリザーブ水割りです。
アルコールはちょっとしか飲めないのですが、ウヰスキーにハマりそうな今日この頃です。

明日中に完成はちょっと無理かもね~;

1/72 Heinkel He59B - Finnish Air Force : #02

●完成作品集にMk.IV戦車を追加しました。
また、タグ打ちのミスで字が読みにくいファイルがありますが、現在修正中です~。

平日は塗装をする気力が無いので、工作を進めます。
とはいっても、あまり細かい作業はしたくないのですけど…;

さっそくHe59を始めてみましたよ。
とりあえずレジンパーツの切り出しをはじめました。
07022201.jpg
ターレットリングのパーツです。左が初期状態で、右が切り出したものです。
たったこれだけの作業の大変なこと大変なこと;
割らないように湯口を切るのに一苦労でした。
パーツははまだ2つもあるんですがね…;

07022202.jpg
切り出しに疲れたので、エンジンポッドを組みました。
たまに型が壊れてはみ出してる部分がありますが、特に苦労せずに組めました。
時代が同じくらいなので「紅の豚」ちっくなポッドですね。
WWI機ばかり作っていると、エンジンがむき出しなのが新鮮です。

ほとんど資料が見つからないのでディティールには特にこだわらないことにします。
あと、妙に硬くて削りにくいレジンパーツがあります。
ちょっと肩がこるキットですね;

・おまけ M3 LEE
07022203.jpg
サフ吹き終わりました。ほぼ修正は必要無さそうです。
3色迷彩は色はわかったのですが、塗り分けのセオリーがよく分かりません。
とりあえず休日までにデザートイエローを吹いておこうかな。

1/72 M3 LEE Mk.I in Afleca : #03

ここまで出来ました~
07021901.jpg
土日で車体を仕上げてしまいました。
作業に没頭するあまり日が暮れるのに気がつかなかったですよ。
あとは足回りを組んでサフ吹きです。

07021903.jpg07021904.jpg
フェンダーは0.3mmプラ板から作りなおしました。なんとか上手くいった感じ;
キットのライトのパーツはかなりみっともない形なので、
ピットロードの1/700 大和型戦艦用探照燈を加工してみました。
ちょうど良い大きさでびっくりですw
ライトガードは0.1mmアルミ板の細切りを使っています。
左右でちょっと角度が違うかも;
でも、グッと精密感がアップしました。

07021905.jpg
車体後部はこんな感じです。OVMはふちの部分をけがいてみました。
ほんの少しだけ別パーツっぽくなったような気がします。

削ってしまったリベットは、粉を多めに溶いたアルテコを爪楊枝につけて一個ずつ盛ってみました。
大きさがばらばらになってしまいましたが、これじゃないと1/72サイズになりません…;

07021906.jpg
アンテナの基部は3分の1くらいにカットして、取り付け部も加工しました。
サイドにあるハッチの上の手すりは0.3mm真鍮線で作り直すといい感じになりますよ~。

さて、そろそろどんな塗装にするか決めないといけませんね~。
水色迷彩ってのをやってみたいけれど、資料が見当たらない…。

1/72 Heinkel He59B - Finnish Air Force : #01

思いのほかLEEが順調に進んでまして、あとはサフ吹いて塗装に入れそうです。
その辺の製作記事は明日書くとします~。

次は何作ろう~と富士をいじっていたところ、某フィンランド祭りを思い出しました。
フィンランド軍とか全く知らないのですが、いっちょ祭りにのってみようかな~ということでひとつw

RODENのLaGG-3かFokker D.VIIなんかどうだろうと思って模型屋に行ったのですが、どれも売り切れ…;
仕方なくいろいろ見てまわったところ、1機だけフィンランド空軍のキットを発見したので、大購入。
07021801.jpg
ビビューン!Heinkel He59爆撃機?偵察機?です。
写真すら見たことも無い飛行機ってところがフィンランドっぽい感じw
やっぱ自分は複葉機が一番しっくりくるので、これでエントリーしたいと思いますよ~。

ちょっと写真が小さいですが、中身を見た感想です。
07021802.jpg
プラの部品は大物にまじって支柱がたくさんです。
ダボは無いです。
この支柱でゲタ履きの飛行機が作れるか非常に心配です;
07021803.jpg
レジンパーツの内装がこんもりと入っております。
レジンどうしの組み立てはあまり無いみたいなので一安心。
ただ、銃座の機銃レールを切り出すのが大変そうです;
07021804.jpg
こ、これが噂のバキュームってやつですね!?
予備のために2組入りという親切設計です。
WWI機のようにフィルム曲げるよりは簡単でよさそうですね。

てなわけで、スペチアルホビー初挑戦!
簡易はLEGATOで当分いいやと思ったはずなのに…。
でも、なんか新しいことを始める時ってわくわくしますね。
始めてしまった後は超ブルーになりますけども(^^;

He59なんて見たことも聞いたこともありませんでしたが、なかなか面白い形です。
特にこだわるところも無いので、きちんと組み上げられればいいかな~的なスタンスで行きます。
静岡までにできるかな~?

1/72 M3 LEE Mk.I in Afleca : #02

さて、突然ですが先月末に買ったキットの紹介です。
実は偶然にもこの方とまったく同じものを買っていたのです。
グラントとリーの違いはありますが、ハセガワのM3中戦車まで一緒とは怖いくらいw
この方もM3軽を買っておられるので、2007年はミニボックスブーム到来か!?

てなわけでEMHARの1/72 Mk.A Tank ホウィピットです。

中身はこんな感じ。

なんだか一瞬で組みあがりそうな感じですが、
ここのメーカーのはブラがやわらかすぎて難儀する予感がします。
以前、このメーカーのMk.IV戦車も作ったことがあるので、近々アップする予定です~。

-----
さて、ではM3 LEEに戻りましょう。
今週は超忙しくてブログを書く暇がありませんでしたが、手は動かしていたのでLEEは進みましたよ~。
07021301.jpg07021302.jpg
今週は主砲塔を作りました。
写真と図面を見ながらデッチアップです。
とにかくエポキシパテを盛って削るのみ。けっこう楽しいですねw
主砲周りを改造すると格段にかっこよくなりました。
リベットは削り落としてしまったのでWAVEのパーツを買ってこないといかんですね。

07021303.jpg
だんだん形になってきた~。
でもまだまだ車体もいじるところがたくさんです…;

1/72 M3 LEE Mk.I in Africa : #01

さて~、ハンザの製作が終わって戦艦富士に戻っているのですが、
富士の製作が思うように進まないというか、
ブログに載せるほどの進歩がないという感じで;

というわけで、新キットを投入してしまいますよ。
07021101.jpg
ぷい~ん。ミニスケールAFVの登場です。
ハセガワの1/72スケールM3中戦車です。リーです。
3中戦車は、リベットびしびしの車体に大砲が2つあったり、
4丁も機関銃が付いてたりとWWI時代を髣髴とさせる戦車です。
頭でっかちのグラントよりはシャーマン似のリーの方がお気に入り。
500円という安価もあって買ってしまいましたw

ただ、シリーズ4番目のキットということで非常に古いキットです。
ザ☆ウルトラマンがやってたころじゃないでしょうか。
07021102.jpg
完成すると、箱絵と微妙に違う戦車が出来上がります。
どうもグラントの車体にリーの砲塔を入れただけのキットみたいです。
こりゃあもう改造しかないですね。


07021103.jpg
というわけで、パテを盛ります。
75mm砲塔にちょっと丸みが足りないような気がするので修正~。

07021104.jpg
調子に乗って75mm砲に防塵カバーを付けてみました。
アフリカ戦線のグラントを参考にしてみました。
エポキシパテで写真を見ながらそれらしくシワをつけるのはなかなか難しいですね。
初めてやってみましたが、わりと上手くいったかな?
金剛型戦艦以降の副砲みたいでかっこいいですね。

あと、フェンダーは全部ぶっ飛ばしました。
作り直しの刑。

塗装はイギリス軍でいってみようかと思います。
イギリス軍でもリーのまんまで使ったみたいなんですけど、どうなんだろう。
最悪の場合、グラントのキットも買ってハッチを移植しないと~

1/72 Hansa-Brandenburg B.I - 05.24 : #08(完成)

予定より1週間送れですが、Hansa-Brandenburg B.I完成しました!
思った以上に張り線に手間取ってしまいました;
苦労の甲斐もあって今回はほとんどたるませずに張ることが出来て満足です。
それでは、さっそく完成写真を披露します~


Wikipediaの説明をいまさら読んでみました。
Hansa-Brandenburg B.Iはオーストリア・ハンガリー帝国で使用された偵察機で、当時Hansa-Brandenburg社で働いていたErnst Heinkelが設計したものだそうです。
また、このB.I型が機銃を装備したものがC.I及びC.IIだそうです。


長い主翼が特徴です。
なんかパースがおかしいように見えますが、目の錯覚です。たぶん。
翼間支柱が胴体側に斜めになっているのが面白いですね。

コックピット付近のアップ。

レジン、エッチング、真鍮線でごてごてしています。
結局最後まで資料が見つからなかったので、推測でディティールアップしました。
きちんと作るには、やっぱり資料本を買うくらいしないとダメですね。
洋書は値段が高いのでどうしてもケチってしまいますが;

うみぬりクンのアレに比べればへでもないキットですが、
完成させられるとは思っていませんでした;
最近国産キットばかり作ってなまっていた私には良い修行になりました。
やっぱり東欧キットは手ごわい!w

1/72 Hansa-Brandenburg B.I - 05.24 : #07


左側の翼間が張り終わりました~。
やっぱり張り線があると精密感が増して一気にかっこよくなりますね。
この調子で右側も張ってしまおう!

-----
静岡までって結構時間が無いんですよね…;
このHansa-Brandenburgの他には何を持っていきましょうか。
今のところ戦艦富士、スカイレイダーがお手つき中。
富士はこれから地獄の真鍮線工作。
スカイレイダーはやっとこさアイリスのコックピットが機体に収まったところです。
未組立てキットの中ではeduardのFokker E.IIIくらいなら5月までにできそうですね~。
気分的には新しいキットをいじりたいですけど、まずは富士を進めなきゃいけないかな?
てなわけで、Hansa-Brandenburgが終わったら富士の制作に戻ります~

あと、水祭りでエントリーしていたポインターですが、
クリアー吹きで大失敗いたしまして現在とりあえず神棚にまつってあります(泣)

 | ホーム |