人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 Albatros D.III(Oeffag s.253) : #04

Oeffag D.III、ちょっと計画変更です。
マーキングの関係でエンジンカバー無しで作る事にしました。
したがって、エンジンのパーツを組み込むことに。
せっかく作ったダミーパーツですが、これはまた別の機会に使おうと思います;

oefdiii0401.jpg
上から見える範囲で追加工作をしました。
プラグコードを0.1mm銅線で作ってみましたが、
カバーを付けたらほとんど見えませんでした。
面倒なので反対側はやらないことにします。

oefdiii0406.jpg
なんとか操縦桿が出来上がりました。
ハンドルの部分だけがキットのパーツです。
同じものはもう二度と作れないような気がしますw

oefdiii0404.jpg oefdiii0402.jpg oefdiii0403.jpg
エンジンカバーを付けないので、燃料タンクのパーツも作りました。
ほとんど見えないので雰囲気だけ再現です。

胴体左側のパネルはエンジンの制御系みたいです。
復元機が真鍮材のままだったので、ゴールドを塗りました。
右にある箱は弾薬箱ではないかと思います。

そして、操縦桿等を接着した胴体右側。
結局取寄せた機関銃ではつじつまが合わなかったので、
プラ板でそれっぽいカタマリを作りました。
隔壁にくっついてる銀色の部品は空薬莢入れでしょうか。

oefdiii0405.jpg
仮組み中。左右胴体の接着まであと少しです。
次はコンパスと座席を作る予定です。
スポンサーサイト

歳末無駄遣い運動・その2

ポーランドはワルシャワからプレゼントがやってまいりました。
予想通り3週間ほどで到着。

このお方も挑戦中のGotha G.IV用のエッチングパーツです。
あまりにもG.Vaの制作が進まないので、比較的難易度の低いG.IVを先にやってみようかと思いまして;
できれば少し変わった機体にしてみたいと思っています。


キットも手に入れましたので準備は万端です。
マーキングがまだ決まっていないので、手をつけるのは先の事になりそうです。
もう1つ、ハセガワの新製品1/72 ホークアイも買いました。
家族が何回か自宅の上を飛んでいくのを見たと言うので、作ってみようかと。
模型人生で2機目(3機目?)の現用機になりそうです。

というわけで、今年の買い物はここまでにしておきたいと思います。
来年の分も買ってしまった感じ。蜜柑山が増えていく!
このお方の号令で「キャメル祭り」なるものが始まりましたが、
運悪くソッピースファミリーのストックはありませんでした。
折を見て参加したいと思います。

1/72 Albatros D.III(Oeffag s.253) : #03

この金曜日から忘年会やらなにやら忙しく、
この土日はあんまり作業が出来ませんでした;
それでもなんとか少しずつ進めております。


とりあえず背板と床板を接着しました。
eduardのキット(Oeffagではなく本家アルバトロス)を参考にスクラッチしたのですが、
復元機を見るとOeffag D.IIIに背板は無かったのかもしれません。


写真を元に計器板をスクラッチしました。
メーターはプラ棒の薄切りでモールドしてみました。
ここに機関銃のお尻が設置されているのですが、
キットに機関銃のパーツが入っていないので、別売り部品を取寄せ中です。


そして、コックピット右側にスロットルレバーを追加。
細かい真鍮線細工は戦艦富士以来だったのですが、
なんとか一発で上手くいきました。

というわけで、先週の作業はここまでです。
ラダーペダルや操縦桿も形が違うので作りかえる予定です。
というわけで、内装いじりはまだまだ続きます~

歳末無駄遣い運動・その1

一足早くHannantsサンタさんがプレゼントをくれました。
08121101.jpg
もう誰もプレゼントなんかくれないので、自分で買うしかないのです。
円高のうちに美味い汁を吸っておきます。

買ったものは以下のとおりです。
08121102.jpg 08121104.jpg 08121103.jpg
左は今作っているOeffag D.IIIに使うシートベルトです。
あらかじめ色が塗られている便利なやつです。
真ん中はKARAYAというメーカーのアウストロダイムラー200hpエンジン。
素晴らしいディティールです。しかもこれで5ポンド弱という良心価格。
これで1/48のOeffag D.IIIを作るもよし、買ったまま熟成されているHansa-Brandenburg CCに使うもよし。
今から迷いますな~w
そして右のはアカデミーのB-29用エッチングセットとタイヤパーツです。
先日買ったB-24が出来たらB-29を攻めるつもりでおります。
ゆくゆくはB-17も…。飾る場所が問題ですが;

そして!今回の目玉商品はこちらであります。
161cow101.jpg
1/48スケール「Vickers Type 161 COW Gun Fighter」邀撃戦闘機。
上のダイムラーエンジンと同じくKARAYAというメーカーのレジンキットです。
機首にCOW 37mm砲を上向きに装備していて、斜め銃の元祖みたいな感じですね。
月光よりも前にこんな飛行機があったとは知りませんでした。
なによりも、胴体の真ん中にプロペラがあるのがイカしてますね~。
エアコ DH-2等と違って、わざわざ胴体後半をつけているのも面白いです。

161cow102.jpg 161cow103.jpg
レジン製の主要パーツとエッチングパーツ、計器等のフィルム、1パターンのデカールが入っています。
パーツ番号とかまったく無い上に説明書も分かりづらいのはもう慣れました。
エッチングは必要最小限の内容ですが、その分レジンの小物パーツが充実してます。
湯口を切り離すのが大変そうですね~。

161cow104.jpg 161cow105.jpg
羽布張りの表現はシャープで良い感じです。
パーツに歪みもなくモールドも繊細でかなり良いキットだと思います。
これなら完成できそうな気がする!
来年のノルマにしたいと思います。

さて、他にもポーランドからサンタさんがくる予定なんだけど、まだかな~?

1/72 Albatros D.III(Oeffag s.253) : #02

前回の記事でシリンダーカバーが253型の特徴と書きましたが、これは間違いでした。
このカバーは冬季における寒冷対策だそうです。
53、153、253型の違いはエンジンの馬力みたいです。
まだまだ勉強が足りませんな;

そんなOeffag D.III、絶好調で制作中です。
oefdiii0204.jpg
上翼はサフを吹きました。歪みは無い模様。
中央部の接着面に段差が残っていたので再パテ埋め中です。

oefdiii0201.jpg
前の記事のとおりエンジンパーツを組み込まないのですが、
エンジンを入れないと胴体の強度が確保できないのでダミーパーツをスクラッチしました。
ブロック部分は0.5mmプラ板を9枚重ねたもの。シリンダーは2mmプラ棒です。

oefdiii0202.jpg
きちんと胴体に納まってくれました。
排気管は1mmの真鍮パイプを予定してますが、
取り付けはまだ先になりそうです。

oefdiii0203.jpg
スクラッチしたエンジン隔壁と足元付近の肋骨です。
これも0.5mmプラ板を現物合わせで削りだして作りました。
その他コックピット内の小物がまったくモールドされていないので、
出来るだけ自作してみたいと思います。
ヘイフォードのコックピット内スクラッチの良い予行演習になりそうです。
予行演習で燃え尽きないように気をつけないと(苦笑)

1/72 Albatros D.III(Oeffag s.253) : #01

ぼちぼちヘイフォードを作り始めました。
が、まだ記事にするほど進んでないので今日は前から手をつけていた物のご紹介。


RODENの1/72スケールAlbatros D.III(Oeffag)です。
作左さんが楽しそうにアルバトロスを作っているのを見ていたら、
どうにも我慢が出来なくなって作り始めてしまいましたw
ここのところ英軍機ばかり作っていたので、同盟軍が恋しいのです。


前から知りたかったオーストリア機の迷彩スキームが載ってました。
これで蜜柑山の肥やしになっているAviatik-Berg D.Iが作れます。


その他、Serie253の特徴であるエンジンのカバーですが、
こんなところで接着しようとしても絶対上手くくっつかないでしょう。
せっかく出来の良いダイムラーエンジンもほとんど見えないので、
今回はエンジンのパーツを入れないで組み立てる予定です。

で、さっそく製作開始なのですが、

いきなりエルロンを切り取れとおっしゃるRODEN様。
Oeffag製はエルロンやエレベーターのふちが波状になっているので、
別のパーツが用意されているのです。


というわけで、こうなりました。
非常に薄いのでエルロンの切り離しは楽だったのですが、
断面が1mmもないので真鍮線で軸を打つのが大変でした;

oefdiii0106.jpg
胴体の方は隔壁をプラ板で自作します。
エンジンを入れない分、コックピットをディティールアップする予定です。

なかなか良いペースで行けてます。
シートベルトは楽をしてエッチングパーツを買おうかなw

岐阜行軍

日曜日に、家から片道20kmほどのところにある模型屋まで車で行ってきました。
なんとか県内でRODENを手に入れられないものかと期待をしていったのですが、
残念ながらお目当てのものは置いてありませんでした。
1/32シリーズだけは何個か置いてありましたが。
いつかAlbatros D.Iを作ってみたいですね。

せっかく遠くまで来たのに手ぶらではしゃくだったので、
08113001.jpg
こんなものを買ってしまいましたよ。あっははははw
もうすぐイギリスからクリスマスプレゼントがくるかもしれないというのに!

続きを読む »


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。