人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 Gotha G.IV(L.V.G) : #06

う~ん、日々を生きていくのが精一杯な今日この頃。
Gothaは間に合うでしょうか。

g4lvg601.jpg
迷彩塗装用に50mm幅のマスキングテープを買ってきました。
これで8段分の穴を開ければOKのはずです。
何回も貼ったりはがしたりするので2枚重ねにして強度を確保します。

g4lvg602.jpg
そして一気に塗装開始!
Windsockに書いてあった色(括弧内の色)を参考に、
(1:Greyish Blue)ミディアムブルー
(2:Dark Green)暗緑色(三菱系)
(3:Greyish Magenta)RLM75 グレーバイオレット
(4:Black)ジャーマングレー
を塗りました。全部Mr.カラーのビン生です。
位置決めがすごく難しく、元々の型紙のヘボさもあってちらほら隙間が…。

g4lvg603.jpg
繰り返し塗ってこうなりました。
ホントにこんな色なのかな!?なんかイメージと違いますよ。
Windsockさん、Methuenカラー番号とかいうので説明されても分からんのですが;

g4lvg604.jpg
実機の写真とくらべたところです。
モノクロのコントラスト的には合っている気もしますが、
暗い色2色のどちらが緑なのかで話が変わってくるんですよね~。
ミディアムブルーはもう少し暗いグレーに塗りなおすかもしれません。

g4lvg605.jpg g4lvg606.jpg
小物もまだまだたくさん残っています。
爆弾は余分なモールドをそぎ落としてみました。
この色もまた微妙な青白い色なので、現在リサーチ中です。
胴体内の小爆弾投下機は似ても似つかないのですが、
時間が無いのでそれっぽく支柱を追加して妥協します。

g4lvg607.jpg
エンジンナセルはまだパテ埋め中です。
この時点で脚柱のダボ穴を開けて仮組みしときました。
G.IIIを作ったとき、塗装が終わってからいじり始めて苦労したのを思い出したので;
今回は左右同じ高さに出来たようなので一安心。
ちなみにキットのダボ位置では前後の間隔が若干狭いようです。

とりあえずこんなところです。
胴体内装を仕上げる前に翼の塗装を終わらせようと思います。
スポンサーサイト

1/72 Gotha G.IV(L.V.G) : #05

なかなか加速しない~!
g4lvg501.jpg
今週は仕事が忙しく、毎日11時近くになってしまってちっとも手が進みませんでした;
しかし、そろそろ腹をくくらないと間に合わないので、胴体のすり合わせはここで妥協。
たぶんつじつまは合ってくれると思います。
エッチングパーツのほかに、操縦席区画の床板をプラ板から作りました。
これで合わせ目が目立たず、接着強度も稼げそうです。
そろそろ細かい内装パーツも作らないと~。

g4lvg502.jpg
エンジンナセルにもエッチングパーツを貼りました。
ところがラジエターパーツの上縁の形が全然合わない…。
パテを持ってツライチにしようと頑張っていますが、なかなか難しいです。
これはキットパーツを使ったほうがよかったかもしれません;
次はキットには無いラジエターシャッター等を取り付ける予定です。

おまけ
oefdiii08_01.jpg
Oeffag D.IIIのほうですが、張り線が粗方終わりまして脚が付きました。
こっちもあと一息なのですが、なかなか進まないですね~。

1/72 Gotha G.IV(L.V.G) : #04

そろそろ急がないと間に合わなさそうなGothaさんですが…
g4lvg401.jpg
エンジンナセル前面の穴(青丸の部分)について。
これはそれぞれ胴体側にだけ開いているもので、左右片方ずつ埋めるのが正しいです。
なぜか説明書には指示が書かれていませんので要注意です。

そして六角迷彩塗装用の新兵器が到着しました!
g4lvg402.jpg
ヒートペン用の六角形テンプレートです。
これで正確な六角形マスキングシートが簡単に量産できるはず!
(むしろこのテンプレートで塗装してもいいんですが、それは最後の手段にします;)

とりあえず、どんな感じにできるのか試してみました。
g4lvg403.jpg g4lvg404.jpg g4lvg405.jpg
切り出した六角形のテープを敷き詰め、パターンに従って番号を振ります。
そして一色ずつはがして塗っていけば四色迷彩の出来上がりです。
急いでやったので型ズレがひどいですね。
やっぱりローゼンジと同じく型紙を作ったほうが良さそうです。
理論的には一枚作れば全色対応できるはず。

さて、次はマスキングシートを買わないと。
あと1ヶ月で塗装まで終わりたいですね~。

資料到着

先々週の末頃から風邪気味だったのですが、何年かぶりに熱を出して寝込んでしまいました。
しばらくはセーフモードでいきたいと思います。

さて、Hannantsに注文しておいたWindsock Datafileが届きました~
09030701.jpg
AEG.G.IVの他に、シュターケンとOeffag D.IIIも一緒に注文してみました。
お目当ての六角迷彩はリピート図がしっかり書かれてました。
これでなんとか予定通りGothaの製作が続けられそうです~。

しかし、一つ悲しい発見も。
今作っているOeffag D.III、253.64の写真があったのですが、
09030703.jpg
キットと違って、機関銃を本家D.IIIのように胴体上部に取り付けられるよう改修された機体でした。
側面には、点検ハッチの変わりにパイプが出てたりします。
もう今から修正は無理…;
まあいいや。いつか1/48でリベンジするときに頑張ります!

09030702.jpg
その他、ウクライナ・Aモデルの1/72 トマシェビッチ・ペガスのキットを買いました。
以前買ったインテラヴィアのペガス・タンクバスターの資料にできそうです。
ニコイチで作るか、それぞれ挑戦してみるかは分かりません;
その下にあるのはテクモッドのGotha G.IV用デカールです。
今回のGothaには使わずに済むので、これはもう一機G.IVを作る必要が出来たようですなw
静岡まであんまり時間がありませんが、風邪をぶり返さない程度に頑張らなくっちゃ~

 | ホーム |