人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144-AntonovAn-74:#07(完成)

an74_07.jpg
An-74完成しました~!

an74_01.jpg
キットはウクライナのAmodel製1/144スケールキットです。
よれよれのディティールとバリばかりの高難易度キットでした。
部品の合いはすこぶる悪く、パテを盛っては削るの繰り返し。
スジ彫りは全部彫りなおしましたが、慣れていないので結局よれよれのままでした;

an74_05.jpg
ブレードアンテナは付属のエッチングパーツを使わずに、0.3mmプラ板で作りました。
タイヤは(他のパーツにくらべて)比較的良い形なのは助かりました。
前脚は強度的に不安だったので、0.5mm真鍮線で軸打ちをしました。

an74_02.jpg an74_03.jpg
塗装は説明書の指示が全然違っていたので、実機の写真を参考に塗りました。
コードレター以外はすべて塗装してあります。
旅客機なので艶あり塗装にしましたが、実際はつや消し塗装だったかもしれません。

an74_04.jpg an74_06.jpg
機体の横の赤いラインはデカールが入っているのですが、
ぜんぜん面に馴染まなかったり、ブツブツちぎれてしまったので剥がしました。
マスキングが非常に大変でした。次は塗装が簡単なやつを作りたいです;

ちなみにほぼ同じAn-72のWikipediaによると、
>正面から見るとエンジンが大きな耳のように見えることから、
>「チェブラーシカ」(ロシアの絵本・アニメのキャラクター)の愛称で呼ばれる。

an74_08.jpg
言われてみればそう見えるかも?

Amodelのキットを作るのは今回が初めてでしたが、なかなか楽しかったです。
変わった機体のキットが他にもいろいろ出ているみたいなので、また挑戦してみたいですね~。
さて、これでシュターケンが間に合わなくても静岡へ持って行く作品は確保できました。
もう静岡まであと2ヶ月ちょい。そろそろスパートをかけないと…。
スポンサーサイト

1/144-AntonovAn-74:#06

もう少しで完成なのに、なかなか進歩しないAn-74です。

an740701.jpg
クリアーを吹いた後に研ぎ出しをしていたら、国籍マークが剥がれました;
結局塗装することに。最初からこうしとけば良かったな~。

an740702.jpg
やっと翼の前縁に銀色を塗りまして、これで翼の塗装は完了であります。
ちなみに銀色には全部スーパークロームシルバーのビン生を使用しています。

an740703.jpg
説明書を読んでいたら、ここで左の矢印部分に観測ドームを付ける前に穴を開けろという指示が。
う~む、機体左右を接着する前に指定してほしかったですな…。
機内にホコリが入るといけないので、穴は貫通させずに黒く塗りました。
また、右の矢印のあたりに観測ドームがある機体も見つけたのですが、
RA-74004機では付いているのか分からなかったので接着しませんでした。

an740705.jpg
そしてようやく機体と翼の接着です。
ちょっとすき間があいてるところも有りますが、もう気にしないでガンガン進めます。
実機写真で印象的だったエンジン後方のスス汚れを吹いてみました。

an740704.jpg
ついに機体の大部分が出来上がりました!
あとは脚パーツとアンテナ類を接着すれば完成ですよ~

1/144 - Antonov An-74 : #05

先日、An-225が来日したというニュースを見ました。
88mの巨大飛行機、一度生で見てみたいですね~。

さて、うちのAn-74の塗装は大詰めであります。
an740601.jpg
細い方のラインを入れるためにもう一度ミイラになってもらいました。
この後、機首部分の形が気に食わなくて塗りなおしたり、
左舷ドアの塗装がはがれたので塗りなおしたりしました。
あんまり綺麗に仕上がりませんでしたが、めんどくさくなったので、これであがりにします。

2、3日乾かしてから胴体のデカール貼りです。
an740603.jpg an740604.jpg
デカールにはアエロフロートのマークが3つ用意されているのですが、
写真を見ても2つしか貼るところが無いみたいです。
小さいので予備かな?
尾翼のロシア国旗は、左右の斜めラインがパネルラインと合いません。
塗装したほうが良かったかも。

an740602.jpg
胴体はデカールの乾燥中。その他の翼はクリアー吹きの途中です。
これから数日かけてクリアーコートした後、翼前縁のシルバーを塗ります。
さあ、完成が見えてきたぞ~。

1/144 - Antonov An-74 : #04

シュターケンがなかなか進みません。どうしよう。

一方アントノフはぼちぼち塗装中。これが前回までの状況です。
an740503.jpg

エアクラフトグレーを塗る前に塗っておこうと思っていた機首先端部分を塗り忘れていました;
an740501.jpg an740502.jpg
苦労してマスキング塗装しました。
かなり小さい楕円を、テンプレート無しで切り抜いたので境界が汚い。
筆でリタッチしてなんとか見られるようになったはず。
塗装手順は計画的にやらないとダメですね。

さて、これで機体の塗装が全部終了しました。
細いラインを塗るのが面倒なので、機体側面の赤いラインはデカールを貼ったところ…
an740504.jpg
グレーの部分に合わない!
しかも意外と硬く、水につけたら3つくらいに裂けました。
これだからウクライナのデカールは…。

an740505.jpg
仕方が無いのでデカールを剥がし、ラインも塗装することにしました。
まず細いライン以外の部分だけ塗装します。

an740506.jpg an740507.jpg
そしてこれが現在の状態です。
なんとか太いラインは上手くいきました。
細いラインを一定の太さでマスクするのはかなり難しそうです。
今週で全部の塗装とデカール貼りが終わるように頑張りたいと思います。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。