人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 - Gotha G.Va 723/17 : #02'

Gotha作り最初の難関は内装パーツのすり合わせであります。
最初にコックピットカバーの部品をやっつけます。
g5a0201.jpg g5a0202.jpg
まず、左の写真の斜線部分を削り込んでターレットリングがきちんとつながるようにすり合わせました。
胴体の方も削りましたが、今後上手くつじつまが合ってくれるかどうかは神のみぞ知る。

g5a0203.jpg
ところがここでトラブル発生!
ターレットリングをきちんとした円にしようとすると、カバー端が首尾線から斜めになりすぎてしまいます。
コックピットカバーパーツのリング部分を一旦切り離して、つじつまを合わせたほうが良いかもしれません。
ただ、この部分は機首から一番目の隔壁の位置にも影響します。
もう少し位置関係を考えてから対応を決めたいと思います。

g5a0204.jpg
Gothaトンネルのパーツはちょっとのすり合わせで簡単に収まりました。
段差も少なそうなので、今回はパテ埋めが簡単だと良いな~。
スポンサーサイト

1/72 - Gotha G.Va 723/17 : #01'

Gotha職人の朝は早い。
まず胴体内部のモールドを削る事から始まる。
g5a0101.jpg

というわけで、Gotha G.Vaを始めから作りなおします。
新しい考証も加えて、今度こそ完成させるぞ!
g5a0102.jpg
今回もPartのG.V用パーツを使用しますが、内装などは一部自作で行きたいと思います。
静岡のモチベーションがあるうちに手をつけておこうw

ホビーショー行って来ました

5月15、16日に開催された第49回静岡ホビーショーに行って参りました。
当日参加された皆様、お疲れ様でした~。
天気も良くて、去年よりも人手が多かったような気がします。
shs4901.jpg
これは土曜日の11時頃の写真です。
タミヤやバンダイのブースに劣らぬ超満員っぷりでした。

そして恒例のビンゴ大会の戦利品はこちら。
shs4902.jpg
ニチモの船は戦艦大和を一回だけ作ったことがありますね~。懐かしい!
アントノフで味をしめたのでAmodel製品を取りましたが、
うみぬり君に残しておけばよかったと後になって気付きました。ごめんね~
そしてゼロ観はキットだけでなくD-UP用のエッチなパーツ付きという豪華版でした(笑)
腹ペコ山男さん他、キットを提供していただいた皆様ありがとうございました。

こちらはフリマの戦利品です。
shs4903.jpg
Gothaのキットは見つけたら購入しています。G.IIIは前に作ったことがあるので、今度はG.IIにしようかな~。
下の白い箱はHR modelのレジンキットです。ブリストル・ブルドッグをライセンス生産した機体だそうです。
詳細なレビューはまた後日アップしたいと思います。

今年は初めて土日両日参加することができました。
とても充実した2日間でした。
帰りは17時に静岡を出発したのですが、
見事渋滞に捕まり、帰宅したのは24時を回った頃でしたw
さすがに昨日まで死んでましたね。

また、去年よりも多くの方とお話できて大変有意義な時間を過ごすことができました。
来年はなにやら「複葉機祭り」になるということですので、
基本複葉機系の私的にはヘタなものは出せなさそうです(笑)
今月から気合を入れなおして頑張ろうと思います。
BM会員の皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

1/72 - Albatros D.I (D.391/16) : #06(完成)

Albatros D.I完成しました~!
albdi_001.jpg
キットはいつものやつ。RODENの1/72スケールキットです。
マーキングはButtner中尉の搭乗機だそうです。
迷彩パターンは説明書と不鮮明な実機写真を参考にしましたが、ほとんど想像です。

albdi_002.jpg
付属デカールは使わず、マーキングはすべて塗装しました。
Bの字は特にマスキングが大変でしたが、初めてにしては上手くいったように思います。
ただ、尾翼の十字はもう一回り小さかったほうが良かったかもしれません。

albdi_003.jpg
ラジエターは側面にひどいヒケがあったので、
パテで埋めてカッターナイフでスジを刻んでみました。
エンジン周りはD.II以降のシリーズとは違っているので新鮮です。
この機体はシュパンダウが2丁装備されていますが、
機体中央に1丁だけ装備された機体もあるようです。

albdi_004.jpg
上面国籍マークはちょっと汚しすぎたかも。
写真から判断して、翼のグリーンとタンは説明書の指示とは逆に塗りました。
また、迷彩パターンは想像なのであんまり参考にしないようにw

albdi_005.jpg
下面色はMr.カラーの明灰白色Iを塗りましたが、もうちょっと明るい色の方が良いかもしれません。
今回はシャドーをオーバーめに吹いてみましたが、1/72スケールならこれくらいでも良さそうです。

実は完成間近に落っことしたり、張り線が終わってから糸の結び方を間違えてたことに気づいたりしました。
コンスタントに作らないと色々セオリーを忘れてしまうのでダメですね。
シュターケンを仕上げる時は気をつけたいと思います。

さあ、これで心置きなく静岡に参加出来そうです。
来週までに梱包剤を用意しておかないと~。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。