人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買ったキットたち

Sieben Schwabenが完成したので、そろそろ次にとりかからないといけない今日このごろ。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

あいかわらずシュターケンはちょこちょこいじっていますが、これはいつ完成するか不明です;
そろそろエンジン周りができあがるかも…?かも。
もうちょっと手順を考えてから接着したいと思います。
Gotha G.Vaは改めて写真を見ていると疑問が湧いてきたので長考中です。
この二つは長期戦なのでひとつ気長にお付き合いいただければ…。

そんなこんなで現在休憩中ですので、今日は最近買ったキットなどを晒しときます~。
10082501.jpg
やっとMODEL MASTERカラーを手に入れました。
メーカーサイトの検索昨日が非常に使いづらくてアクリルカラーの番号を調べるのに手間取りましたが、
なんとかお目当てのLIGHT GHOST GREYを探し当てる事ができました。
これでDe Havilland DH4aが作れます。次はこれかしら~?

10082502.jpg
上の二つは、塗料1本で通販するのもなんなのでMODEL MASTERカラーと一緒に頼んだものです。
馬が欲しかったのと、apuroさんの作ってるフィールドキッチンを見て手が伸びちゃいました。
1/72のFokker D.VIIは、いつも行く模型屋にずーっと売れ残っていたので、とうとう買ってしまったものw
その下は予約して手に入れたAmodelのWhite Knight & Space Ship Oneです。
この奇抜なフォルムに一目惚れして買ってしまいました。これも近いうちに作りたいな~

10082503.jpg
自分でも忘れかけてますが日露戦争が守備範囲な私的には28サンチ榴弾砲も見逃せないアイテムです。
以前あったメタルキットは高くて手が出なかったのですが、今回は発売と同時に即買いしました。
でも今月になってエッチングパーツ付きの限定版が出てちょっとショックでしたが;
キットは特に手を入れなくても良さそうなので、これはベースも含めて作りたいですね。
ただ、付属の砲兵フィギュアの出来があまり良くないので、それをどうしようかな~といったところです。

う~ん、最近ちょっと買いすぎかな?
勝手に捨てられてしまわないように、頑張って積みプラを崩さないと!
スポンサーサイト

1/48 Fokker D.VII "Sieben Schwaben" : #08(完成)

swabia_08.jpg
Fokker D.VII "Sieben Schwaben"完成しました~
キットはチェコのeduard製1/48スケールです。
エッチングパーツやタイヤのマスキングテープなどがあらかじめ付属していて、
特に改造をせずとも精密な完成品になります。

swabia_01.jpg swabia_05.jpg
この機体はWilhelm Scheutzel上等兵が1918年に乗っていたものです。
グリム童話「シュワーベンの七人男」のモチーフが機体両側面に描かれています。
流行りの"痛機"みたいですが、90年前実際に空を飛んでいた飛行機です。
Scheutzel上等兵はこの機体でデハビランドDH.4を1機を撃墜し、終戦まで闘い抜いたそうです。
尾翼にはキルマークらしきイギリスのラウンデルが描かれています。
この時代の飛行機にはあまり見ないですね。

swabia_07.jpg
コックピットはエッチングパーツなどでとても精密な仕上がりになります。
ですが、0.5mmもなさそうな細いプラパーツなどがあるので塗装中の取り扱いが面倒でした。
側面内部の裏地ローゼンジ布表現も良いアクセントになるので、ぜひ再現したほうが良いですね。

swabia_02_.jpg swabia_06.jpg
ローゼンジパターンは付属のデカールを使用しました。
発色の良い丈夫なデカールですが、モールドへのなじみはいまいちです。
また、リピートパターンがおかしい気がします。
リブテープを数十本貼るのはとても面倒なので、焦らず何日かに分けて貼りました。

swabia_03.jpg swabia_04.jpg
塗装はだいたい説明書の通りですが、胴体はイメージと違ったのでMrカラー#338 ライトグレーFS36495に変更しました。
実機写真を見るともっと暗い色みたいなので、説明書通りで良いのかもしれません
方向舵と垂直尾翼はMrカラー#316 ホワイトFS17875にしてみました。
プロペラは実機写真を参考に縞模様を根気で描いてあります。
クリアーは3度かけて研ぎ出しを行い、ほぼ段差をなくしてみました。

さすがeduard製のキットだけあって、特にストレスもなく組み上がりました。
部品の合いも一部を除いて良好なので、複葉機キットの中では作り易い方だと思います。
ただ、細かい部品やモールドに関してはやはりRODENのキットの方に軍配が上がりますね。
また、部品どうしのアソビが少ないので、削り過ぎたり歪んで接着すると修正が大変かもしれません。
総合的には大変良いキットです。お店で見かけたら迷わず買うことをおすすめします。

新製品の1/48 Oeffag D.III買っちゃおうかな~w

1/48 Fokker D.VII "Sieben Schwaben" : #07

上翼接着完了~という時に、いまさら実機の写真を手に入れてしまいました。
出展が分からないのですが、ネットのどこかから拾ってきたものです。
問題があったら消します。
gefrwilhelmscheutzeldw8.jpg
本当に存在してたんですね~(笑)
パイロットのWilhelm Scheutzelさんも写ってます。
機首の色が結構明るいですね。本当にレッドブラウン?
中央および尾翼の支柱も胴体の色ではなく機首色かもしれません。
7人衆が持っている槍ももっとグレーっぽいです。
機銃の前にはレールが付いていますね。
上翼をくっつけてしまったので、今から追加するのは難しそうです。
また、左外の支柱についている計器も実機には付いてません。とほほ;

swabia0701.jpg
尾翼の接着中です。方向舵が胴体後端にきちんとくっつくよう全体を調整します。
すごく薄いので接着面がすこししかなく、強度が心配です。
一晩乾燥させた後、操作索などを取り付けましたが、これがまた面倒でした。
今回、ワイヤー類は全て0.2mm径の真鍮線で表現しました。
やっぱり1/48スケールでもちょっと太すぎますね。

swabia0702.jpg
今回は1/48スケールなので、プロペラも真面目に塗らないと見栄えが悪いです。
ちょうど同じプロペラの写真を見つけたので、その通りに模様を描きました。
塗装はいつもどおりまず全体にダークイエロー+イエローの混色を吹き付けた後、
次にタミヤエナメルカラーのレッドブラウンで縞模様を描きました。
全部塗るのに3時間くらいかかりました。あ~疲れた!
この後クリアーを吹きます。

swabia0704.jpg
脚の部分も組みあがりました。
支柱が4本ばらばらなので戸惑いましたが、意外としっかり接着できます。
写真のように真鍮線でターンバックルを入れれば補強は十分でしょう。
タイヤのダボ穴がかなり浅かったので、1.5mm径のドリルで彫り直しました。
車軸の頭は丸くなっていますが、ヤスリで平らにしたほうが良いと思います。

swabia0705.jpg
あとはプロペラの塗装とちょちょいと汚しを入れるだけです。
次は完成の報告ができそうです。

1/48 Fokker D.VII "Sieben Schwaben" : #06

今年は暑いですね~。
夜でも塗装部屋が30度以上ある今日この頃です。
塗料のフタを開けたままにしておくと危険な気がします。

swabia0601.jpg
シュパンダウは付属のエッチングパーツでディティールアップします。
バレルジャケットはろうそくであぶってから、2mm径ドリルの軸を使って曲げました。
ジャケットの内側にプラ棒などで銃身を再現するとさらにリアルになるでしょう。
いつもの1/72スケールではほとんど見えないため省略しているので、今回うっかり入れ忘れてしまいました;
1/48スケールでは結構目立つと思います。

そして小部品の胴体への取り付け~。
swabia0602.jpg
シュパンダウはMr.メタルカラーのダークアイアンを塗りました。
綿棒で擦ると金属光沢が出て良い感じになります。
右側のバレルジャケットが若干斜めになってしまいましたが、気にしない気にしないw
排気管はレッドブラウン+シルバーの混色を塗った後、タミヤウェザリングマスターの「サビ」と「スス」で化粧しました。
こんな風に汚れるのかは不明です。

その他もろもろのパーツも一通り塗装が終わったので、いよいよ上翼の接着です。
基本的に、説明書に書いてあるとおりに組めば大丈夫です。
自分は機首側の三脚を先に組んでしまったので、天井までの高さが若干足りなくなってしまいました。
swabia0603.jpg
幸いそんなに大きな誤差ではなかったので、逆さにして重石を乗っけておきました。
念のためこのまま一晩置いておきます。

Fokker D.VIIは翼間の張り線が無いので強度が不安だったのですが、
全ての支柱を接着するとかなり頑丈になりますね。
実機の設計のすごさがよく分かりました。
次はコントロールホーンや尾翼の接着になります。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。