人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 - Opel Blitz Omnibus : #06(完成)

オペル・ブリッツ観光バス、完成で~す。
opelpb01.jpg
1930年代に登場したとは思えない非情に奇抜なデザインのバスです。
愛称「Strassenzepp」は「アウトバーンのツェッペリン(飛行船)」という意味のようです。
シャンパン冷蔵庫を備えたブルジョワ仕様にその意気込みが現れているような気がします。

opelpb05.jpg opelpb06.jpg
ベース車両はオペル・ブリッツ3tトラックだそうです。誰か1/35スケールで改造に挑戦してみてください(笑)
座席は窓側を向くよう斜めに配置されています。窓ガラスも大きめなので景色がよく見えそうです。
最後部にある向かい合わせのベンチシートは一等席でしょうか。
後方に突き出たウィングがなんとも言えないカッコよさを醸し出しています。

opelpb03.jpg
キットはRODENの1/72スケールです。ボデーのパーツがバリまるけで非常に組みづらいキットでした。
接着場所が分かりにくく、しっかりやったつもりのすり合わせも微妙に間違って後々苦労しました。
モール等のメッキ部分にはMr.カラーのメッキシルバーNEXTを使いました。
初めて使ったのですが、メッキ感が素晴らしいですね。塗るのも簡単なので気に入りました。
わりと触りまくっても大丈夫ですが、テープの粘着力には弱いみたいですね。

opelpb04.jpg opelpb02.jpg
手のひらサイズなので磨き作業が少なくていいやと思いましたが、面積が狭いので逆に磨きにくかったです。
それでもなんとか綺麗にツヤ出しができました。
ただ、乾燥が不十分だったのかパテが縮んだのか、ボンネットの一部にシワやクラックが入ってしまいました。
もうメッキ部分の色塗りが終わっていたためマスキングは不可能。泣く泣く修正は諦めました。

opelpb07.jpg
とりあえず完成しましたが、何か適当な地面ベースでも作って飾っておこうと思います。
このキット、本当は同じRODENのHe-111Cと並べたくて買ったのですが、向こうはいつ完成するやら…
予想通り透明レジンで作った窓ガラスは黄変してしまったので、やはりプラ板の切り出しで頑張るしかなさそうですね。

さて、この調子でどんどんお手つきを消化していきたいと思います~
スポンサーサイト

1/72 - Opel Blitz Omnibus : #05

ごきげんよう。今日はオペル観光バスの続きです。

opelpb0503.jpg
ボデーの塗装と平行して内装をつくります。
色は説明書の指示通りにしましたが、写真を見ると内壁は単純なシルバーではなさそうです。
椅子を取り付けは慎重にすりあわせたほうが良いです。
後輪の上に位置する椅子が直前の椅子と干渉するかもしれません。
また、後部のベンチシートを取り付けるダボ穴の間隔がおかしいので、現物合わせで開け直しました。
シートとボデー内側の空間には余裕が無いので、組み立てによっては入らないかもしれません。
このキットはそういうのばっかりなので、臨機応変に調整していくしかないようです。

opelpb0501.jpg opelpb0502.jpg
ボデーのいたるところにあるメッキモールを塗装するのが非常に面倒でした。
去年の年末には研ぎ出しをしていたはずなのにずっと音沙汰がなかった理由はこれです。
とにかく一発で全体を塗装できるようマスキングして、メッキシルバーNEXTで塗装しました。
初めてメッキシルバーNEXTを使いましたが、なかなか綺麗にメッキ調になってくれました。

opelpb0505.jpg
それからなんやかんや苦労して完成~
もう書ききれないしグチだらけになるので詳しくは書きません(笑)
完成記事は今度晴れた日に屋外で撮影してからにします。

1/72 - Kh-20m : #03

お久しぶりです。今日もKh-20mの続きでございます。

kh20m0301.jpg kh20m0302.jpg
参考になる実機のカラー写真等が見つからなかったので、
塗装は説明書の指示と箱絵のイメージから想像して塗りました。
ドーリーはロシアングリーン2、本体はニュートラル緑色に明暗を付けて塗装しました。
なんだかソビエト軍というよりガミラス帝国軍みたいな感じがしますが、こんなんで良いのでしょうか。
ミサイルなのでチッピングなどは無し。ウォッシングも控えめにしました。

さて、この後はコーションマークのデカールを貼るのですが…
kh20m0303.jpg
どこにどう貼れば良いものやら…(笑)
というわけで次回に続きます。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。