人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 - Grumman OV-1D : #06

皆様こんばんは。季節の変わり目で体調がおかしい今日このごろですが、OV-1Dの製作はなんとか順調に行っております。
資料写真を参考にしながらマスキングを繰り返すこと4、5回にしてやっと黒色部分の塗装が終わりました。
ov1d0601.jpg
大変でしたがなんとか上手く塗ることができました。1mm幅のラインも今回は塗装で仕上げています。
主翼前縁などは説明書の指示と実機の塗り分けが違うようだったので、写真と同じような幅に塗りました。

ov1d0603.jpg ov1d0604.jpg ov1d0605.jpg
マスキングの嵐。特に尾翼のウォークウェイラインを左右対称にマスクするのは慎重にやりました。

ov1d0602.jpg
コックピット後方のラインは脚庫の位置に合わせて塗ったのですが、もう少し後ろの方が正解だったみたいです。
キットのパネルラインと実機がまったく同じにはならないので、これは難しいところですね。

さて、いよいよこれからデカール貼りに入ります。
コーションマークはキット付属のデカールを使いますが、はたして破れずに貼れるでしょうか?
そして静岡ホビーショーに間に合うのでしょうか。脚はオモリの重量に耐えられるのか!?
ラストスパート頑張ります!
スポンサーサイト

1/48 - Grumman OV-1D : #05

梅やらタンポポやらが咲き始め、虫達も土中から蘇り始めた今日このごろ。皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日はOV-1Dの経過報告であります。

ov1d0501.jpg ov1d0502.jpg
機体の基本塗装が終了しました。
基本色は説明書の指示通りにMr.カラー308番を使用。
全体をまんべんなく塗った後に308番に301番を足した色(5:1)でパネルラインをシャドー吹き。
その後、上面のパネル内に338番とつや消し白を1:1で混ぜた色を吹きました。
今回はちょっとクドめに塗ってみたのですが、こんなもんですかね~。
まずまずイメージ通りに濡れたのでとりあえず良しとします。

次はウォークウェイ等の黒色を塗ります。
ov1d0503.jpg
ビン生の黒色を使いたくなかったので、301番と半ツヤ黒を1:1で混ぜてみました。
もうちょっと黒を少なめにしたほうが良いかな~という感じ。
実機の写真を見ると、黒色の部分はあまり退色やハゲが無いみたいなのでこのままでも良さそうですが。
模型的表現との兼ね合いが難しいところですね。

というわけで引き続き塗装を頑張りたいと思います。
あと1ヶ月で仕上げ段階に入ってないとヤバそうな感じ?

1/72 - VOMAG 7 OR 660 Omnibus : #01


皆さんこんばんは。早いものでもう3月になってしまいました。
OV-1Dはぼちぼち塗装中であります。
タイミング良くモデルアートが現用機塗装特集をしてくれたので、それを参考にしたいと思います。
モホークはまだ切りが悪いので、今回はそれとは別に平行して作っていた物をご紹介しましょう。

vmgbus0101.jpg
こちら、RODENのVOMAGオムニバスです。
戦前のバスに目がないもので、これも発売されてすぐ買ってきました。
できれば5月までに完成させて、静岡でシュトラーセンツェップと一緒に飾りたいところ。

vmgbus0102.jpg
キットは割りとカッチリした作りになっています。
シュトラーセンツェップと違って仮組みするとボデーと床板がバッチリはまってくれました。
それでもところどころ微妙なところがあって、部分的に表面が妙に梨地になってたり、
タイヤを貼り合わせると隙間ができたりします。
椅子もたくさんあるので塗装が面倒くさそうです。

なにより、屋根に隙間ができるのはいただけません。
vmgbus0103.jpg
側面を胴体前後部のパーツに辻褄が合うよう接着したのですが、0.3mmほどの隙間ができます。
接着面よりダボ穴部分がちょっと飛び出ているので、金型に問題有るのかもしれません。
とにかくこれではボデーの強度的に大問題なので、プラ板を裏打ちしてから隙間を埋めることにしました。

vmgbus0104.jpg vmgbus0105.jpg
0.3mmプラ板を裏に貼り、隙間にもプラペーパー等を挟み込んでからポリパテ等で屋根を成形しました。
内装が白いために目立つといけないので、裏打ちした部分の段差もあらゆるパテを投入して滑らかに修正。
ここまでかなり重労働でくじけそうになりましたが、なんとかなりました。

vmgbus0106.jpg
こいつももう塗装に入っています。
指定の緑色がよくわからなかったので、好みの色にしました。
このキット、説明書の指定色がファレホになってますね。
やっぱりモデルマスターカラーは不評だったんでしょうか。

といったところで次回に続きます。
もうSHS当日の宿は確保したので、余裕をもって完成させられるようがんばりたいと思います~。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。