人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遅報】2016年静岡ホビーショーお疲れ様でした

もはや2ヶ月も経ってしまいましたが、今年も静岡ホビーショーに行ってまいりました。
絶賛静岡病発症中です。なにも手に付かない。ダレカタスケテー

会場でお会いした皆様、お世話になりましたBlogModelersの皆様、ありがとうございました。
今年は展示会の会場が広くなったにもかかわらず、例年よりも見物客が多い気がしました。
あんまり混んでるのでブース付近に近寄ることができず、メンバーの方とあまりお話ができなかったのが残念でした。
来年はちょっと考えて行動しようと思います。

今年は予定していたルンプラーが完成しなかったので、
代わりにいつの間にか完成していたT-34/85 カチューシャ隊長車で参加しました。
16shs001.jpg
1/35スケールのカチューシャ隊長付きです。初めてまともに完成したAFVにしては上手く出来た気がします。
雑誌のハウツーを見よう見まねでやってみましたが、汚し表現の奥深さと難しさに触れることができました。
いろんなジャンルの模型が作れるようになるのは楽しいですね。
今回の製作でAFV用のマテリアルがたくさん手に入ったので、これからもちょくちょく作ってみたいと思います。

会場では200枚近く写真を撮ってきたのですが、全部はとても載せられないので、気になった作品を幾つかご紹介します。
まずはBlog Modelersブースから
16shs002.jpg
ちょうぎさんのダーティ・ペア。この透き通った肌、最高ですね。
ブース前でお話できたのですが、同じケイ派ということで、2人で盛り上がりました。
何層も塗り重ねてある瞳は素晴らしいの一言でした。やっぱり人形は目が命ですね。
次はこういうジャンルにも挑戦してみたいものです。

16shs059.jpg 16shs064.jpg 16shs008.jpg
今年もtoyさんの作品を舐めるように見てきました。
二式大艇のキットはヤバいという噂はよく聞くのですが、そんな感じは微塵も見せない出来です。
きっとこの裏には想像を絶する戦いが繰り広げられていたのだと思います。ぞぞぞ
F-4の丁寧な塗装も実物で拝見することができて勉強になりました。

16shs063.jpg 16shs007.jpg
Kazuさんのスピットファイアは整備中のジオラマ、どこから眺めても隙がありませんね。
ビン生だとくすみがちなイギリス機の迷彩色も絶妙な色合いで素晴らしいです。
一度このような臓物モデリングをしてみたいのですが、集中力が続かなさそうで手が出ません;

16shs004.jpg
eiteさんの作品。我が地元、岐阜のF-2戦闘機です。
ピカピカのF-2と年季の入った整備器具との対比が良いですね。
小物の配置の仕方も参考になります。ルンプラーの脇役配置に応用できそうな感じ。

次に、その他のクラブで特に気になった作品をご紹介します。
16shs012.jpg 16shs033.jpg
マッドマックス:フューリーロードに出てきたウォー・リグですね。
映画のマシンをかなり忠実に再現されていました。ドーザー部分の頭蓋骨が良い感じです。
フュリオサのフィギュアも良く出来ています。

16shs023.jpg
"WITNESS MEEEEEEE!!"
これもすごいです。まさに映画のシーンそのまま。

16shs048.jpg 16shs049.jpg
今年も沼津の模型おじさんの卓は凄いことになってました。一度は作ってみたいイリヤ・ムロミェツ。
エンジンは剥き出し、キャビンもよく見える機体なのに隙がありませんね~。
単色リネンのカラーリングも適度なウェザリングで料理されています。
最近、複葉機に対するモチベーションがなかなか上がらないので、良い刺激になりました。
いや、刺激が強すぎたゆえの静岡病かもしれません(笑)

16shs039.jpg 16shs040.jpg
今年は劇場版のおかげでガルパン物が増えてましたが、中でもこのTV番最終回のあんこうチームが素晴らしかったです。
自分で作ってみて実感しましたが、なかなかこう綺麗に汚すのって難しいですね。
基本塗装も微妙なグラデーションで陰影が付けられていて、4号戦車の重厚さが際立って見えます。

最後に、今年のキワモノ枠を一つ。
16shs042.jpg
ロンメル将軍への熱い想いが感じられるタイガーです。歴女チームもビックリ。
これでもエッチンググリルとか使われてたりして、ネタ枠といえど侮れませんね。

という感じで、長くなってきたので残りは記事の続きに写真を並べておきます。
また来年も行けると良いな。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。