人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 Tomashevich PEGAS : #01

CF-104が完成して一段落。
つい魔が差して新しいキットを買ってしまいました。
これではお手つきを解消してる意味が無いぞ!w

先日買ったB.E.12bが案外良いキットだったので、
今度こそ糞キットを買うぞ!と思ってネットのプラモ屋を物色。
私好みのマイナー飛行機が見つかったので即購入しましたよ~w
さて、では早速晒し上げです。

これが今回手に入れた糞キットです。
Interaviaという会社?の製品で、ウクライナ製のようです。
飛行機はトマシェビッチ・ペガス タンクキラーというらしいです。
見たことも聞いたこと無い飛行機です。
試作したけれど性能がダメダメだったので量産されなかったと箱の横に書いてありました。

さあ、わくわくしてきますねw
箱を開けてみましょう!



おおっと!?

中にはビニール袋に入った未知の白い物体が!!
これはプラキットですか?


とりあえず白いパーツを出して並べてみました。
なんだか半透明っぽいプラで、薄いところは光が透けて見えます。
プラの硬さはタミヤっぽい感じで、反りや成型不良は無いようです。
材質はともかく、そんなにひどいキットでは無いようですね。
スジ彫りはダメダメですが。


このパーツ群はちゃんと切り離せるんでしょうか。
その前に、ちゃんとプラモ用接着剤でくっつくのでしょうか。
不安は募るばかりであります。


これは胴体のパーツです。これだけ成型色が違います。
なぜこんなにマーブル模様なのでしょうか。
肌触りが怪しいです。
でも、仮組みした感じは悪くないです。
不思議なキットです。


エンジン周り、武装やプロペラはメタルパーツになっています。
カウルは非常に薄くなっていていい感じですが、
排気管や機関砲はぐにゃぐにゃに曲がってました。
砲身は真鍮線に交換するしかないですね~。


エンジンのモールドは精密ですが、バリがひどくてどこまでがモールドなのか分かりません;
プロペラは形が合ってない気もします。
あと、木製ペラなのに金属パーツとはこれいかに。


唯一の救いと%
A4靴討蓮▲┘奪船鵐哀僉璽弔呂覆?覆?里發里?辰討い泙后?
材質は分かりませんけど。妙にやわらかそうな予感がします。
加工は難しそうですね。あと色が分かりません。

ネットで資料を探しましたが、Aモデルのキットがひっかかるのみでした。
説明書は結構詳しく書かれていて、実機のディティール写真も少しだけ載っています。
でもなぜか全体写真は載せてくれてません。微妙に不親切です。
想像していたよりはマトモなキットみたいですが、
ちゃんと完成できるかどうか心配です;
でも見た感じ、まだHansa-Brandenburgのほうが糞っぽいので大丈夫かな?w
とりあえずこれは蜜柑山に奉納して、スカイレイダーに取りかかってます~
いつか完成させよう。うむ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/148-d67def6d

 | ホーム |