人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

遅ればせながら一年の計

昨日の記事で書くのを忘れてました;
てなわけでさっそく。

1.静岡に行きたい。
展示会とか参加したことが無いので、是非行ってみたいです。
GothaとかSchmittfireとかイロモノを携えてw
「行きたい」なので、行けるかは分かりませんが;

2.レジンキットに挑戦。
実は今までプラキットしか作ったことが無いので、
今年は一度作ってみようと思っています。
Halberstadt D.IIとか良いですね。難しそうですが;

3.今年は艦船も作りたい。
1/350 三笠がほこりを被っているので、
三笠保存会終身会員の名を汚さぬようにも完成させたいですね。
こだわりすぎてなかなか作り出せないのですが;
これ関連で、三笠ページも作りたいです。

てな感じでしょうか。
あとはあたりまえな事ですが、今年も複葉機を作り続けようと思います。
もうちょっとレビュー的なことも書いていきたいですね。
複葉機ファンが増えることを願ってw

てなわけで、BlogModelers的に今年もどうぞよろしくお願いします~

続きは今日見た特番について。



今日の昼間、ニコライ2世と日本についての特番がやっていました。
某「坂の上の雲」で描かれた、公文書でも日本人を猿と呼ぶほどの悪役キャラに以前から疑問をもっていたのですが、
実際はやはり日本には好意的であったようです。
もっとも、私が一番知りたかった大津事件の後から
日露開戦までの心情が詳しく説明されなかったのが残念でしたし、
そのせいで最後まで日本に好意があったとは言い切れません。
ニコライの日記が読めればいいんですがね~;

その中で、日本からニコライに贈られた艦船模型が紹介されていました。
全てべっこうで作られたという1/350ほどのパーミット・アゾヴァでしたが、
現在の艦船模型と比較しても遜色の無い精密なものでした。
手すりなどはエッチングよりも精密で、スチームピンネンスまで作りこんでありました。
100年前の職人に負けてはいられないと思った今日この頃でした。

私の古書コレクションをあさっていたら、パーミット・アゾヴァの写真がありました。
ちょっと不鮮明なのが残念ですが;
06010601.jpg
明治37年の本ですが、撮影時期は不明です。
まさかコレに乗ってニコライが来ていたとは…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/16-30408eff

 | ホーム |