人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 Albatros D.III(Oeffag s.253.64) : #09(完成)

ご無沙汰しております。
まだ仕事が残っているのですが、停滞していたOeffag D.IIIが完成したのでご報告です。
oefdiii__01.jpg oefdiii__02.jpg oefdiii__03.jpg
キットはおなじみRODENの1/72スケール。
シートベルトのみ市販のディティールアップパーツは使いました。
また、がらんどうだったコックピットをプラ板等から自作しました。
完成した現在ではほとんど見えませんが、
「一から全部自作したぞ!」と自己満足できました。
コックピットの詳細は↓の記事でどうぞ
http://recipro.blog41.fc2.com/blog-entry-223.html
http://recipro.blog41.fc2.com/blog-entry-225.html

oefdiii__04.jpg oefdiii__05.jpg
マーキングは渦巻き模様迷彩が特徴的な機体をチョイスしました。
さすがに手塗りは無理なので、ブルーライダーのデカールを使用しています。
こういう大面積のデカール貼りは初めてでしたが、まあなんとかなりました。
デカールが軟化するまで気長に待つのがコツみたいですね。

oefdiii__07.jpg oefdiii__06.jpg
エンジン横に設置されている機関銃の銃身は、
0.6mmの真鍮パイプで再現しました。
細かいことを言うと、プロペラボスはキットと違って五角形にボルトが並んでいます。
根気があればDetail upも不可能ではないかもしれません。
Oeffag D.IIIは機首が再設計されているので、
横から見た印象が思ったより違う感じです。
また、車輪カバーの塗装は諸説あるようですが、
オーストリア機なので赤白カラー説を採用してみました。
ただ、尾翼の十字を見ると白黒説かもしれませんね。
搭乗者の詳細が分からないので、なんともしようがありません。

oefdiii__08.jpg oefdiii__09.jpg
コックピット前方のウィンドウは、1/48 S.E.5aについていたフィルムの不用部分を切り抜いて貼りました。
ほとんど完成してから気付いたのですが、
このマーキングの機体はキットと違って、
機関銃を胴体上面に設置した改修型のようです。
今度は1/48でただしい考証のものを作ってみたいですね。
渦巻き模様をどうするかが問題ですけど;

これで我が家のオーストリア機が4機目になりました。
まだまだ作りたい機体、マーキングがたくさんあります。
積んであるキットもたくさんあるので、じっくり考えたいと思いますw

さあ、次はスピット祭りだ~!
スポンサーサイト

コメント

完成おめでとうございます!
1/72の一次大戦機というと相当に小さいと思うのですが、それでもシャープに工作されていて興奮です。
丸っこい胴体もいかにも古典機といった趣でかわいらしいですね。
原稿も模型も、ご無理なさらない程度に頑張ってください。
すあまさんのスピットファイア、楽しみにしてます♪
2009-08-03 20:12 のろかめ #c72iqOhs URL編集 ]

>のろかめくん
ありがとうございます~
小さいですが、その分凝縮感が出せた気はしますね。
最近は直径0.2mmでも太いと感じるようになりましたw
アルバトロスの曲線美は、スピットに通じるものがあるかもしれません。
原稿はラストスパートなので気合入れてきます!
スピットも頑張りますよ~
2009-08-04 11:07 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/251-758e0c4b

 | ホーム |