人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 Spitfire Mk.XVI "LADYKILLER" (すぴっと祭り参加作品) : #02

やっぱりそのまま作ってしまうのはつまらないので、
今回はリベットを打ってみることにしました。
ixc0201.jpg ixc0202.jpg
使用したツールはハセガワのリベットスクライバーです。
正直、あんまり使い勝手がよくないですね。
ヘッドが交換可能になっているのですが、打っているうちにネジが緩んできます。
リベットラインはエアロディティールや世傑などを参考にしました。
それらしい雰囲気が出ればいいので、割と適当に打っています。
原稿作業の合間のヒマなときにちょこちょこ打ちました。
あまり一気にやらないほうが心に余裕が出来て綺麗にできる気がします。

ixc0203.jpg
外側2つの機銃口を塞いである写真を世傑で見かけたので、プラ棒で埋めました。
あんまり詳しくないのにこういうことすると考証的に間違えてそうですけど;

ixc0204.jpg ixc0205.jpg
キャノピーは第2風防の後部下側に胴体との隙間が出来るので、
ここにベロをつけてパテ埋めをやりやすくしました。
接着もしやすくなったので一石二鳥です。
透明部品の接着は苦手でして、今回もほこりが入ったり微妙な出来になりました;

ixc0206.jpg
あらかた胴体の作業は終了しました。
キャノピーのマスキングは筋彫りが浅くて面倒なので、
eduardのマスキングシートを使おうと思っていたのですが…Mk.IX用はどこも売り切れ;
バードマン企画の物を買おうか、直接eduardから取り寄せようか。
どうしましょうかね~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/253-1e3eb427

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。