人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 Fokker D.VII "Sieben Schwaben" : #02

連休中はずっとFokkerの作業を進めておりました。
コックピットは細かい塗りわけが面倒なので、時間がある今のうちに終わらせておきたくてw

swabia0201.jpg
座席と背面フレームの組立て完了です。
背面フレームにはローゼンジ布が使われているらしいので、ここも裏返し表現で仕上げました。
ここは裏地とは限らないのでは?とも思いましたが、資料が無かったので他と統一しました。
座席は金属板に皮を張って綿を詰めてあるみたいです。
説明書にはニュートラルグレーの指示しかありませんが、人が座る部分にはオリーブドラブを塗りました。
座席を乗っけるフレームが細くて折れやすく、位置決めも難しいので慎重に。
シートベルトは付属のエッチングパーツです。
彩色済みなので色を塗る手間が省けていいですねw

swabia0202.jpg
床板と操縦桿などはあっさりしています。部品が細いので折りそう;
実機はラダーペダルなどから操作ワイヤーが出ていますが、出来るだけ素組みを目指すので今回は省略します。

swabia0203.jpg swabia0204.jpg
そんなこんなで胴体内部がここまで出来ました。
どう見ても燃料タンクを設置する場所がありません。この飛行機は飛びませんなw
計器盤、弾薬箱などは左右でズレないようにひとつずつ接着していきます。
結構ギリギリな寸法で部品が設計されているので、塗膜の厚みではまらないところが出ます。
きちんとカッターで削っておいたほうが良いですね。

もうすぐ胴体左右が接着できると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/261-4b03a171

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。