人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 - Zeppelin Staaken R.VI R27/16 : #08

さて、久しぶりのシュターケンです。
軸打ちが終わったので今度は下翼と胴体の接着に入るのですが、
その前に主脚のすりあわせをしなきゃいけないのを忘れてました。
この巨体、脚パーツにはいったいどれくらいの重量がかかるのか気になったので計ってみたところ…
27rvi0801.jpg
約200g。重いですね~。
エンジンなどのパーツが増えたらもっと行くでしょう。
それに対して、この重量を支える脚パーツはというと…
27rvi0802.jpg
ウクライナからの輸送中に車軸が曲がってしまった模様;
27rvi0804.jpg
車軸と脚柱は黄色い部分だけで接着されます。
そして、赤い矢印が曲がっている部分です。
一番重量がかかる場所かもしれません。
ただでさえ軟らかいプラなのに、こんな状態のパーツは使えないです。
金属線で作り直すしかないですね~;

その他、ぼちぼちエンジン周辺も組み立て始めました。
27rvi0805.jpg 27rvi0806.jpg
エンジン架の組立ては、最低でもエンジンとナセルを用意してからでないと歪みます。
ここは説明書どおり部品を全部用意してからの方が良いみたいですね。
エンジンは細かい部品が多いので大変ですが、すばらしい出来上がりになります。

27rvi0808.jpg
また、ナセル後ろ端はエンジン架がはまるスリットがバリで埋もれていました。
説明書では見難いですが、このように溝を広げると良いようです。

というわけで、まだ塗装にも入れていないシュターケンですが、
5月のSHSには到底間に合いそうもありません;
あわてて作っても絶対失敗しますので、ここはすっぱりあきらめて来年の完成を目指すことにします。
もし楽しみにしていてくれた方がおられましたら申し訳ございません。
来年こそは必ず!

今のところ持っていけそうなのはOeffag D.IIIとAn-74がありますので、
何か1/72のWWI機で簡単そうなものを追加で製作しようと思います。
残りあと2ヶ月、気合を入れなおしてスパートしたいと思います~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/277-c82c6e63

 | ホーム |