人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 - Albatros D.I (D.391/16) : #01

今日からシュターケンの代打に持っていく物の製作を開始します。
選んだキットはこちら~
albdi0101.jpg
RODENの1/72スケール Albatros D.Iです。
Albatros戦闘機の最初期型であり、RODEN製品の第1作目でもあります。
去年完成させたOeffag D.IIIと並べれば面白そうなので、チョイスしてみました。
基本的に素組みの予定ですが、機銃はエッチングパーツに変えるかもしれません。
あんまり時間が無いのでパパッといっちゃいましょう。

albdi0102.jpg
まずはエンジンの製作から。
かなり型が痛んできているのか、インマニあたりにものすごいバリがあります。
ずっとパイプの部品(6Z)の接着場所が分からなかったのですが、
青い矢印の位置に接着するのが正解のようです。
シュターケンのエンジンを組んでてやっと分かりましたw

albdi0103.jpg
胴体にあるダボ穴(穴でなくでっぱりに成形されてますが)は信用ならないので、
接着する部品にあわせて穴を開けました。
これはラジエターですが、ものすごいヒケです。どうしよう。

albdi0104.jpg
仮組み中。Albatrosは、これからのすり合わせが難しいです。
エンジンカバーに合わせると機首のパーツに段差が出ます。
このままではエンジンも入りません。
さて、いったいどこが正解のラインなんでしょうかね~

albdi0105.jpg
胴体内部はほとんど筒抜けなので、外から見えそうな部分だけスクラッチします。
Oeffag D.IIIは限界に挑戦しましたが、こっちは適当に仕上げます。
操縦桿などもキットのパーツを使います。

さあ、ちゃっちゃと胴体内の塗装に入りますね~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/285-57139454

 | ホーム |