人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/144 de Havilland Canada - XC-8A : #04

XC-8A続きです。下地作り中は見た目に変化が無くて更新しても面白みがありませんね。
xc8a0401.jpg
各部品の合わせ目にできた段差、隙間をラッカーorエポキシパテで修正します。
An-74よりもパテ使用量は少なくて済みましたが、キャノピーと胴体の合いはあまり良くないです。
もう少し胴体左右を削り込むべきだったかも?

xc8a0404.jpg
エアクッションの上下も合いは良好です。
ただ、胴体の底面とくっつく部分が盛り上がっているのでエアクッション部品と密着しません。
結構広範囲なので、リューターで削らないとしんどいです。
さらに胴体がおさまる切りかきが地面と水平に成形できてないみたいなので要注意。

次はエンジンナセルです。前回はこのようなボコボコの状態でしたが、
xc8a0302.jpg

余分なところを削ったりパテを盛ったりしてなんとか見られるようになりました。
xc8a0403.jpg
脚庫扉はエッチングノコギリで軽くけがいてみました。
翼との接着面は隙間だらけになってしまったので、ここもエポキシパテで埋めます。
今回も胴体と翼は別々に塗ってから接着することにします。


※※※
XC-8Aについて詳しく書かれているページを見つけました。
 → 
やはり胴体横についているのはエアクッション用のエンジンだそうです。
このエアクッションは水陸両用だけでなく、「不整地、水上、氷上、砂上、沼地、障害物が点在する地形」などでも着陸できるといったふれこみだったみたいですね。
実験の結果はどうだったんだろうと思っていたら、Wikipediaに記述がありました。
 → 水上機(Wikipedia)
『着陸の際に陸上でブレーキをかけられないという欠点などのため実用化されなかった。』
とのことです。確かに(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/305-e4035ed0

 | ホーム |