人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 de Havilland Canada - XC-8A : #05

だいぶ久しぶりの更新になってしまいました。お久しぶりです。
調子が悪くなったPCを新調していてしばらく模型にさわってませんでした。
移行作業がだいたい完了したので、ぼちぼち活動再開といったところです。
tw31.jpg tw32.jpg
こちらが新PC。ケースはSilver StoneのSST-FT02という製品を使い、もろもろのパーツを組み込みました。
机の右側に本体を置いているので、この右側から内部にアクセス出来るケースはとても便利です。
せっかくなのでアクリル窓付きのモデルを買いまして、ネオン管などを入れてきらびやかにしてみました。
だいぶ予算オーバーしてしまったので、年内はプラモ購入を我慢したいと思います;

さて、XC-8Aの続きです。フロートのパーツを忘れていたので整形。
xc8a0502.jpg
意外とシャープに成形されています。貼りあわせ部分の修正のみしました。
翼端接地防止のガードみたいなアーチはゆがんでいるので、金属板で作り直した方が良さそうです。
あと未整形なのはプロペラですが、これはちょっと後回しにします。

まずはエアクッション以外の部分から塗装します。
xc8a0503.jpg
翼縁の黒を塗ってから下面色を塗装。その後上面色の2色を吹きます。
色はよく分からなかったので、CF-104を作ったときの説明書に書いてあったカナダ空軍色にしました。
Mr.カラーのNo.330、No.331、No.332の3色です。
それぞれ若干の白を加えて調色しました。

xc8a0501.jpg
で、こんな感じになりました。見事に箱絵の色とは違いますね;
今回の迷彩パターンは説明書の通りに塗りましたが、
できればAmodelの説明書は信用しないほうが良いでしょう。(An-74での経験によるw)

次は色がはみ出した部分などを修正して、翼と胴体の接着に入ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/306-7bc5b701

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。