人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 de Havilland DH.4a(Passenger) : #03

DH.4a続きです。
前回までで胴体後部を接着したので、次に機首下側を接着します。
dh4a0301.jpg
説明書どおり下翼のパーツを胴体内に入れるにはコツが必要です。
操縦桿をしっかり接着してから作業することをおすすめします。
また、下翼のパーツ中央部と胴体パーツは干渉する部分があってはめにくかったです。
胴体前方の横幅も足りないみたいだったので、0.25mmのプラ板をはさんで調整しました。
今見るとまだ狭く見えますね。0.3mmの方が良かったかもしれません。

dh4a0302.jpg
内装パーツを全部仕込んだ状態です。
この後エンジングリルを接着し、そこに合わせてコックピット上面パーツを接着します。
ただ、このコックピット上面パーツが胴体の幅より広く、そのまま接着すると段差が出来てしまいます。
操縦席後方にある燃料タンクにプラ板を貼り、胴体上側の幅を調節しました。
幅を広げたために座席支持架も寸足らずになるので要注意。

dh4a0303.jpg
こんな感じになりました。きちんとすり合わせをすれば上手くツライチになります。
エンジングリル側面はかなりヒケが目立ちます。
型ズレしてるバルジのモールドも削り落として、パテで平面を出しました。
だんだんカッコよくなってきましたね~。

dh4a0304.jpg
ところがここでピンチ。客席部分の屋根パーツが、水平尾翼と干渉してしまいました。
水平尾翼はダボ穴にしたがって取り付けてあるので、屋根のパーツが1mmほど長いみたいです。
これは削って修正しても大丈夫なのでしょうかね;
胴体の幅といい、DH.4a用のパーツは寸法間違いされているような印象を受けます。
垂直尾翼との兼ね合いもあるので、すこし対処法を考えてみます。
スポンサーサイト

コメント

手早いですね☆ローデンのキットですか!自分もローデンOV-1Aのキットを持ってますがなかなか勇気がでなくて・・・笑
というかDH-4かっこいいですね!(こんな飛行機知らなかったです。)
完成楽しみにしてます!
2010-11-05 21:36 .pimion #- URL編集 ]

>.pimionさん
ここまで順調に出来るのはRODENでも珍しいですw
OV-1Aは透明パーツがあって大変そうですね~。
RODENキットはすり合わせさえキチンとやれば大丈夫だと思いますよ。
(まあ、それが大変なんですけど;)

DH-4は偵察機とか爆撃機などたくさんバリエーションがあるみたいですよ。
置き場所があればいろんなタイプをコレクションしてみたいですね~。
2010-11-07 20:39 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/310-7764ab6d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。