人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 Heinkel He111C - LUFTHANSA : #04

透明樹脂を型に流してから1週間経ったので、小窓パーツを切り出してみました。
he111c0204.jpg he111c0501.jpg
写真左はキットのパーツで、右は今回作った透明樹脂のパーツです。
胴体にはめ込んで余分な出っ張りを削り、コンパウンドで磨きました。
硬さはタミヤのエポキシパテよりも硬く、強度は申し分ありません。
パーツの厚さが2mmほどありますが、透明度も良いですね。これは使えそうです!
ただ、成形状態では分からなかった細かい気泡がでてますね。
だいぶ粘度が高かったですし、薄い部品なので気泡が抜けなかったのかも。
それほど目立たないのでこのまま使っちゃいましょう。

he111c0502.jpg he111c0503.jpg
接着してませんが、このとおりぴったりはまります。
裏側の方はもっと削らないとみっともないですね。
あまり薄くしちゃうと割れないか心配ですけど…。
結局、手間隙を考えるとプラ板削るのとどっこいな気がしてきましたが、
こっちの方が最終的に綺麗な仕上がりにできそうです。

he111c0504.jpg
翼の方もすこし進みました。
着陸燈の透明パーツを仮組みしてみたら、翼がまだ分厚すぎた模様。
かなり削って着陸燈の方に合わせました。
エンジンナセルのパーツは普通に組み立てられましたが、
やっぱり説明書の取り付け指示が左右逆でした。
そしてナセルと翼とが全然なめらかにつながりません。
翼の厚みはこっちに合わせるべきだったのか…?

そして、着陸燈で嫌な予感がしたのでキャノピーを仮組みしてみました。
he111c0505.jpg
Oh...
隔壁パーツはもう一度作り直さないといけないかもしれません;
とりあえずは全部の窓パーツを整形して胴体に取り付けようと思います。
スポンサーサイト

コメント

すあま様、うまくいってるご様子ですね。

さて、私も透明パーツの実験をやってみました
光パテ使用です。
私のブログで紹介してますので、是非おいで
ください。

では。
2011-02-06 18:17 taki #- URL [ 編集 ]

>takiさん
なんとか上手く成型できましたが、思ったより時間がかかりました。
気温が低いと硬化が遅くなったり気泡が抜けにくいなど面倒な材料ですね。
今度はご紹介されている光パテで試してみたいと思います。
東欧キットの製作には必要な場面がちょくちょくありそうですのでw
2011-02-06 22:16 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/320-4c23c875

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。