人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 - Gotha G.Vb 917/18 : #04

ご無沙汰しております。1ヶ月ぶりの更新です。
まずは東日本大震災で被災された皆様に深くお見舞い申し上げます。
ささやかですが義援金を送りました。少しでも復興のお役に立てればと思います。
一日でも早く平常を取り戻すことができますよう、心よりお祈り申し上げます。

さて、Gothaは引き続き胴体内部の組立てです。
g5b0401.jpg
胴体を合わせると床板中央部分に分割線が来る上、しかも左右で厚さが違うので段差が出来ます。
そこで0.3mmプラ板を現物あわせで切り出して、床板のパーツを作りました。
また、爆弾投下装置も追加しました。
実物はもっとレバーがたくさんありますが、若干省略;
内部の工作はまだまだ続きます。
----------
この1ヶ月、Windsock Special「Gotha!」を読んでRODENの解説が非常に説明不足なことに気付きました。
ここでGotha G.Vbの特徴についてまとめてみます。

G.Vbの元になったのは1918年1月にG.V 931/16号機を改造して得られたデータのようです。
931/16号機は、左右のエンジンナセル前方に補助輪を装備しました。
さらにエンジンの位置を上げ、主脚を短くしていたようです。
この実験結果が良好だったため、全てのG.Vはエンジンナセル前方の補助輪を装備したとのこと。
また、タイヤの直径を大きくすることで不整地への着陸を改善できると期待されたようです。
(全てWindsock Special「Gotha!」の記述による)

最終的にGotha G.Vbは以下の改良が加えられたようです。
・機首部分の改造(G.Vaと同じ)
・箱型尾翼の装備(G.Vaと同じ?)
・左右エンジンナセル前方に2つの補助輪を装備
・エンジンの位置を上昇
・主脚の長さを20cmほど短縮?
・G.Vaまでの主脚車輪よりも大きいタイヤを装備?
・上翼のエルロンにフレットナー・サーボコントロールタブを装備
上記の特徴のいくつかはRODENのキットにおいて考慮されていません。
そこを再現するか否かはモデラー次第ということになります。

ここでよく分からないのは主脚と主脚車輪の改良です。
よく見ると、への字型の主脚にG.Vaまでは存在していた補強支柱が無くなっているので、何か手が加えられたのは間違いなさそうです。
ただ、同時にタイヤの直径が大きくなっているようにも見えます。
gvtire.jpg
左:G.V 40P-No.53 右:G.Vb 45P-No.64(Windsock「Gotha!」より)
正確な比較はできないんですが、G.Vbの方が大きいような気がしませんか?
ここは模型の方で検証してみることにします。

というわけで今までG.Vaとして作ってきたこのキットですが、今回からG.Vbへ変更します。
何故かというと、一つはG.VaとG.Vの違いが少ないので作り比べてもあまり面白くない事。
もう一つは"G.Va"の特徴がよくわからない事です。これは後日記事にするかもしれません。
----------
ところで、前回引用したThomas Genth氏のホームページに掲載されているG.V?の写真について。
 → http://www.thomasgenth.de/Gotha_GV_1.jpg
結論を言うと、これはキャプションどおりG.Vで間違いないようです。
おそらく機首部分をリファインした改修型G.Vだと思います。
「Gotha!」の42ページにあるNo.59の写真に写っているのが同じような改修型の写真です。
No.59の写真もThomas Genth氏の写真も同じ1918年5月にBogohl 3所属機を写したと書かれているので、可能性は高いでしょう。
特に主脚に補強支柱がある上、車輪も補助輪とほぼ同じ大きさのようです。
なにより、G.VbがBogohl 3に到着したのは1918年6月4日かららしいので、これはG.Vbではないということですね。

さて、静岡まであと1ヶ月になってしまいました。
次回はDH.4aの上翼を接着した姿をお見せできると思います。
うまく接着できればの話ですが(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/324-ab37c5b9

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。