人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 de Havilland DH.4a(Passenger) : #08

前回、上下翼を接着できそうだと書いたDH.4aですが、
胴体の仕上げに手間取って未だに翼が乗っかっていません。
大型連休前には完成させようと思っていたのですが、果たして…?

dh4a0801.jpg
機首周りに排気管や風防が付いて飛行機らしくなってきました。
パーツをくっつけてから気付いたのですが、
実機の写真を見ると角ばった形状の風防が正しいようです。
もう時間も無いので修正は無しにします。

次にテールスキッドの取り付けです。
dh4a0802.jpg
かなり負荷のかかる部分にもかかわらず、キットのパーツは小さなでっぱりで支えるだけの構造です。
そこでプラ材でスキッドを挟み、手前の床に接着することにしました。
これでかなり補強できたと思います。
軽目穴も後で黒く塗るだけにします。

dh4a0803.jpg
次に主脚の仮組みをしました。
キットのダボは曖昧で強度もなさそうなので、真鍮線で軸を打ちました。
脚を接着するのは翼の張り線が終わってからにします。
テールスキッドもしっかり接着できているようなので一安心です。

dh4a0804.jpg
そんなこんなで、やっとキャビンが接着できたのでラダーを取り付けました。
上翼をくっつけてしまうと昇降舵&方向舵の張り線がやりづらいので、先に張ることにします。
特にこのラダーは2本ずつ張らないといけないので、ヒートン埋めも丁寧にしました。

次は尾翼の張り線を全部終わらせてから、上翼の接着に入ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/326-39c273d0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。