人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 de Havilland DH.4a(Passenger) : #11(完成)

DH.4a完成しました~
dh4a_06.jpg dh4a_03.jpg
RODEN製の1/48スケール組立てキットを素組みしました。
DH.4aは第一次世界大戦で活躍した爆撃機DH.4を旅客機型に改修した飛行機です。
胴体の後半部分が客室になっていて、2人が向かい合わせに座ることができます。
操縦席と客室は隔離されていて、空飛ぶリムジンといったところ。
1919年8月25日、この機体(G-EAJC)がロンドン~パリ間を飛行したのが世界初の国際商業飛行らしいです。
その64年後の8月25日は私が生まれた日なので、完成後の愛着もひとしおであります。

dh4a_01.jpg dh4a_07.jpg
DH.4a用の新規パーツが元々のDH.4の機体に合ってないので、仮組みは念入りに行ったほうが良いです。
最近のRODENはブラの表面が梨地なので、デカールが密着しなかったりして苦労しました。
あとは製作途中の記事で書いたように、DH.4とは上下翼間の支柱の角度が違うので注意することですかね。

dh4a_05.jpg
正面から見た図。
翼は長めですし、胴体も太いので非常にどっしりした飛行機です。
爆装した軍用機型も作ってみたいですね。
張り線は0.090mmのナイロンテグスを使いました。
いつも1/72スケール用に使っているやつだったので、やっぱり細すぎましたね。

dh4a_02.jpg
真横からの図。
翼間支柱の角度や、リムジン形状がよく分かると思います。

dh4a_04.jpg
真鍮板(銅板?)の保護ジャケットの塗りわけは、実機の写真とパッケージ絵からの推測です。
ピカピカの新品風に塗ってみましたが、ちょっと綺麗過ぎたかも。

というわけで、DH.4a旅客機型が無事に完成いたしました。
来る第50回静岡ホビーショーの合同展示会にもって行きます。
本格的に張り線をしたのは1年ぶりくらいですかね?
本数が多めの機体にもかかわらず、楽しくてあっという間に張り終えてしまいました。
また、今回は珍しくあまり大きな失敗はしませんでした。
調子の良い時に完成品を量産すべく、次は素組みで小さなやつを作ってみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

fgギャラリーでも拝見しました。不明な点をじっくり調べた上で制作されてるのが偉い。ボクはいつもリサーチ不足のまま仕上げてしまうので、改めてこのフィニッシュ品には頭が下がります。張り線はこの太さで全く違和感ないですよ。ボクのほうは古典機制作ストップしてまして、まず自分のスペックをもう少し上げていく最中です。
2011-05-10 22:14 時間飛行士 #- URL編集 ]

>時間飛行士さん
こちらでは初めまして。
どういう構造&仕組みになっているのか理解することが楽しくて考証には時間をかけています。
その結果、どうしても分からない部分があると作業が止まってしまうデメリットもありますが;
最近はとにかく完成品を増やして製作の経験値を稼いでみようと思っています。
時間飛行士さんの新作が見られる日も楽しみにしてますよ~
2011-05-11 11:25 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

なんともキレイに仕上がりましたね。
浪漫バリバリじゃないですか!。
お見事であります!!。
2011-05-11 19:02 apuro #- URL編集 ]

>apuroさん
ありがとうございます!
張り線の嵐に格調高い家具調プロペラ、
浪漫いっぱいお腹いっぱいでございますw
2011-05-12 11:04 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/329-4022e21d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。