人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 - Dornier Do.X(D-1929) : #02

ドルニエ続きです。
dox0201.jpg
前回仮組みしたときに、付属の展示台がちょっと腰高すぎる気がしました。
さらに金型の劣化でダボ穴が埋まっているところがあったので、
プラ材を使って半分ほどの高さに作り直してみました。
元のパーツを下敷きにして、エバーグリーンの3.2mm×1.0mmプラ板を使って現物合わせで組みました。
写真は継ぎ目をパテで埋めたところです。
今回初めてフィニッシャーズのラッカーパテを使ってみました。
削りやすく、ヒケが少ないのでいい感じです。

次に、問題の舷窓パーツを嵌めてみました。
dox0203.jpg
金型の劣化云々よりもまず高さが全然足りてませんね。
これなら箱絵の作例みたいに窓パーツは使用せず、穴あきのままにしたほうがマシです。

エンジンナセルも少々厄介です。
dox0202.jpg
下のパーツのように、左右の青い線に挟まれた部分が埋まってしまっているパーツが6つありました。
リューターで彫り込むより、左右とも一旦筒抜けにしてプラ板でしきりを作り直そうと思います。
とりあえず1基だけナセルを完成させてみて、作業の要領を掴もうと思います。
スポンサーサイト

コメント

古典キットで、この手の窓類は、ヒケや段差も多いですし困りものですね。透明パーツを粗めにヤスリ掛けしてヒケを除いてコンパウンドで磨いてから、丸窓ごとに切りほぐして一個一個チマチマ取り付ける方法しか思い浮かびません。
ホント、何かうまい方法はないかな・・・
2011-08-21 22:45 時間飛行士 #GDEylX3k URL編集 ]

>時間飛行士さん
最終的にはそれしか方法が無さそうです。
磨いて綺麗になってくれるか怪しいですけどね(汗)

とりあえず窓穴の直径が2.5mmなので、その大きさのパンチを買いました。
これで透明プラ板を抜いて窓のパーツにできるかもしれません。
それがダメなら次は伸ばし透明プラ棒ですかね…
2011-08-22 17:55 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/342-35e77747

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。