人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/144 - Dornier Do.X(D-1929) : #05

Do-Xが装備している6つのエンジンナセルはとても魅力的です。
飛行中でもメカニックがそれぞれのエンジンまで行って整備することができるようになっています。
前回紹介したYoutubeの映像にも、主翼の中を整備士が移動しているのが映っています。

クラウディウス=ドルニエはもともとツェッペリン飛行船会社でキャリアを積んだ人です。
第一次大戦当時、ツェッペリンはシュターケン R.VIに代表されるRiesenflugzeug(巨大飛行機)の開発をしていました。
ドルニエもそのころから巨大水上飛行機の開発をしています。
飛行中のエンジン・アクセシビリティを確保する事は、Riesenflugzeugの最も重要な特徴でした。
Do-XにはRiesenflugzeugで培ったドルニエの技術が生かされているようです。


さて、Do-Xの続きです。
ようやく全部の窓に透明プラ棒を埋め終わりました。
dox0501.jpg
一箇所、右舷側ドアの窓穴が著しくズレていたので、
普通のプラ棒で埋めた後に正しい位置に穴を開けなおしました。
ちゃんとツライチになっているか心配;
それ以外は特に問題なさそうです。

dox0502.jpg
機首右舷側には、キットで再現されていない錨とアンカーベッドがあります。
写真から推測した位置に穴を開け、プラ板で窪みを作りました。
開口部が曲面にあるので難しく、実物そっくりの形状には出来ませんでした。
アンカーベッドだと分かれば良しとします。
Baldt Anchorらしき錨は自作する予定です。

dox0503.jpg
長いことかかりましたが、やっと胴体左右を接着しました。
上面のパーツはまだ接着していません。
コックピットのパーツが何も無いので、それっぽく自作しといた方が良さそうです。
その後はサフを吹いて表面処理になります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/346-01dff93d

 | ホーム |