人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 - Dornier Do.X(D-1929) : #06

ドルニエの続きです。
先の3連休は神戸へ旅行に行ったので、作業はあまり進みませんでした。
dox0602.jpg
主翼上面のちょうど胴体首尾線上に丸いくぼみがあったのですが、
どうやらこれは天窓らしいと写真から判断しました。
ここも2.5mm径の穴を開けて透明プラ棒を埋めます。
説明書の塗装図には銀色で塗れと指示がありますが、
塗りで表現するなら黒でしょうかね~。

dox0601.jpg
主翼内部はまったくのがらんどうなので、
いつものようにランナー枠で作ったつっかい棒を仕込みました。
主翼のゆがみはドライヤーで温めて無理やり曲げてみましたが、完全には直りませんでした。
あまりやりすぎるとクラックが入りそうなので、このまま主翼の上下パーツは接着します。

胴体はサフ吹き及びパテでの修正中です。
dox0603.jpg
前回で左右胴体パーツを接着した後、開口し忘れた舷窓があるのに気づきました。
(胴体下部のスポンソン前方にある4つの点)
キットでは黒丸のデカールを貼るように指示されていますが、1mm径の穴を開けて透明プラ棒をはめ込みました。
金型の傷みで荒れた表面は大体修正できました。
補強リブの隙間を縫ってペーパーがけするのは集中力が必要ですね。

主翼をくっつけるには先にコックピットをなんとかしないといけません。
操縦席の透明パーツが使い物にならないので、どう作り直そうか考え中であります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/347-22c02235

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。