人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 - Albatros D.V(D.1177/17) : #14

ジオラマベース出来上がりました~。
備忘録も兼ねて制作手順等を書いておきます。

前回の状態はこれ。
d1177dv1303.jpg
まず、3mmスチレンボードを3枚重ねたものに、タミヤ情景テクスチャーペイント(ライトサンド)を塗りたくりました。
その上に短冊に切ったプラ板を敷いてウッドデッキにしたところです。
情景テクスチャーペイント自体で接着したプラ板は結構頑丈に食いついています。
短冊プラ板は微妙に長さを変えたり各辺を面取りしたものを貼り付けました。

d1177dv1401.jpg
情景テクスチャーペイントが乾いたら余分なプラ板を切り取って、180番手のサンドペーパーでプラ板の表面に傷を付けます。
これで木材のような筋のある表面にすることができます。
プラ板にはタミヤアクリルカラーのデッキタンを下塗りしました。

d1177dv1402.jpg
その後、エナメルカラーでスミ入れやドライブラシを施しました。
使用したのはデッキタン、バフ、フラットアース、デザートイエロー、レッドブラウンです。
最後にMr.カラーのウェザリングパステルセットで表面を汚しました。
デッキの隙間から生えた草にはタミヤ情景テクスチャーペイント(草)を使いましたが、
1/48スケールではちょっと草が大きすぎるみたいだったので使用中止。


そして地面の塗装と草を生やして完成したものがこちら。
地面はエナメルカラーのバフとフラットアースで大雑把に下塗りした後、
ごく少量のアクリル溶剤で溶いたウェザリングパステルを塗りつけて仕上げました。
草はモーリン社のグラスセレクションという製品を使用。
マットメディウムを塗ったところに撒くと草が密集した感じになります。
最後に草と地面の境目をパステルでぼかして完成です。

というわけでなんとか静岡ホビーショーには間に合いそうです。
初めてちゃんとしたジオラマベースを完成させることができました。
いろいろ便利な素材があるので、それを使えば思ったよりも作ることが簡単にできますね。
でも一番難しいのはレイアウトですね。これはセンスが無いとどうしようもないかも。

ベースは出来上がりましたが、小道具が少なくて寂しいので何か考えてみます。
ラストスパートですよ~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/364-04cfe2aa

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。