人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 - Albatros D.V(D.1177/17) : #15(完成)

「レッドバロン」完成!
48d1177_06.jpg
第一次世界大戦において最も有名な撃墜王マンフレート・フォン・リヒトホーフェンは、
自分の乗る飛行機を全身真っ赤に塗装していました。
今回作ったのは、その彼がリザーブしていたらしいAlbatros D.V(D1177/17)です。
機体はeduardの1/48スケールキット、リヒトホーフェンのフィギュアはVAN'S SCALEMODELSのレジンキットを使用しています。

48d1177_05.jpg 48d1177_07.jpg
WWIドイツ機の代名詞であるリヒトホーフェン機を一度は作ってみたいと思って製作しました。
当初は素組みで簡単に仕上げる予定だったのですが、
エッチングパーツを買ったり燃料タンクを自作しているうちにだらだらと長引くことに…。
でも良い機会なのでいろいろと新しい手法にチャレンジしてみることにしました。

48d1177_02.jpg
張り線はいつもの直径0.09mmナイロンテグスをヒートンに結んだものです。
今回使った瞬間接着剤が古かったのか、白化がひどくて汚くなってしまいました。
今度からは低白化タイプと硬化促進剤を使おうと思います。

48d1177_09.jpg
リヒトホーフェン機は、アルバトロスの基本的な迷彩塗装の上から赤い塗料が塗られているらしいです。
今回は実際にそれと同じ手順で塗装してみました。
翼をよく見ると、2色の迷彩が透けて見えると思います。
その上から、翼のリブが浮き立った様子に見立てた影を吹きつけてあります。
リブの部分を1mm幅のマスキングテープでマスクするのは非常に手間がかかりましたが、効果は抜群でした。
ちょっとオーバー目な表現ですが、自分のイメージに近い雰囲気が出せたので満足しています。

48d1177_08.jpg 48d1177_04.jpg
ジオラマベースも初めて完成させることができました。
当時の飛行場が映った写真を参考に、デッキを埋めたり草を生やしました。
土台は3mm厚のスチレンボードを重ねたものに、タミヤの情景テクスチャーペイントやパステル等で地面を作っています。
鉄道模型のジオラマ製作方法などが参考になりました。
やっぱり地面があると作品が締まりますね。

48d1177_03.jpg 48d1177_01.jpg
フィギュアの塗装は初めてファレホを使ってみました。
乾燥が早く、すぐに塗り重ねができるのでせっかちな自分に合っているようです。
今までフィギュアの塗装が苦手でしたが、これで少し自信を持つことができました。
また何かジオラマ作品に挑戦してみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

うーん。 スケスケの赤だったのね!。
この表現はすっげーな!。
2012-05-27 22:49 apuro #- URL編集 ]

>apuroさん
やったー、apuro先生に褒められた!
実物はもっとテケトーな上塗りのようですが、
彼の高貴なイメージに合うよう上品な赤色に塗ってみました。
塗り重ねが非常にしんどかったので、もう2度とやらないかもw
2012-05-28 23:01 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/367-12f0a274

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。