人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/48 - Albatros D.III(Oeffag) 153.32 : #09

胴体塗装の続きです。

実は胴体上面の塗装がよく分かりません。
こちらの塗装図ではカスレ塗装みたいですが、
資料にしている作例写真では斑点が描かれているようです。

06031901.jpg
そこで、今回は作例と同じ模様を塗装しました。
いつもどおりPhotoshopで解析して、まずベース色を吹きます。今回はアルミ部分の下塗りにも使えるので、そこまでしっかり塗りました。
斑点はちょうどタミヤのフラットフレッシュと同じ色のようなので、エナメルのフラットフレッシュで斑点を描きました。

根気良く。根気が全て。
この細密塗装がその後の修正を妨げることになろうとは…;

それはさておき、ホントにこんな気持ち悪い模様の飛行機なのでしょうか?;



次に、胴体の帯です。
胴体の工作時に足掛けを修正しておかないと、位置が合わなくて痛い目を見ることになります。

06031902.jpg
まず、白を塗って十分乾かしたあと、赤色を尾翼の部分も一緒に塗ります。
こんな感じにマスキングして一気に塗りました。

06031903.jpg
今回は渋めの赤色にしようと思い、F-2Bの市松模様ミサイルに使った赤を使ってみました。
タミヤのフラットレッドのような色で良い感じ。
実際は写真よりもっと鮮やかです。

で、ここで床に落としましたw

ピンセットが入らないので、もうコクピットパーツは接着不可能です。
静岡までにWWIパイロットフィギュアを探さないと;
なかなか座っているポーズのが無いですね。

てなわけで、亀裂も気にせずこのまま進めることにします。
きっと完成すればそんなもの目立たなくなるに違いない!(ホントか?;)

06031904.jpg
で、胴体のデカールを貼りました。今回はあまり貼るものが無いのでちょっと物足りない感じ。
尾翼のバルカン十字はキットのものだと大きすぎるので、以前作った1/72のAlbatros D.Vについていたデカールを使用しています。
1/72の胴体用バルカン十字がぴったりです。
シリアルナンバーはHR ModelsのHansa-Brandenburg C.Iに付いてきた予備ナンバーデカールを使用しました。
薄くて余白も少ないので使用感はとても良いです。
そのほかは、キットについてきたスペック表のデカールを貼っただけです。場所が本家D.IIIとは違い、機首付近になるので注意です。


というわけで、現状に追いつきました。
胴体の工作もいおいよ大詰め。次回には胴体を完成させられそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/40-df2db354

 | ホーム |