人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 - Bristol F.2B (f.4542) : #06(完成)

Bristol F.2B Fighter Mark.IV完成で~す
f4542_01.jpg
F.2Bは第一次世界大戦中にイギリスが開発した複座戦闘機です。
胴体が上下翼の間にぶら下がっているユニークな構造をしています。
単座機に匹敵する軽快な操縦性能を持った傑作機だそうです。

キットはRODENの1/48スケール。
全体的に大味なディティールで、内装パーツもあまり正確ではありません。
こだわるならeduardのキットから流用した方が良いでしょう。

f4542_02.jpg
マーキングは1931年のケンブリッジ大学航空隊所属機のものです。
機体ナンバーとT字のようなマーク以外はデカールを使わず塗装しました。
機体色はほぼ説明書を参考にほぼ想像で塗りました。
機首部分はMr.カラーのカウリング色。胴体は三菱系の明灰白色です。
胴体色はシルバーを混ぜた方が正解だったかもしれません。

f4542_03.jpg
このMark.IVには、戦時中のF.2Bから改修が行われています。
上翼前縁にハンドレペイジスラットが追加され、尾翼や尾橇の形状も変わっています。
上翼の位置決めがちょっと曖昧で、実際はもっと前方に張り出しているかもしれません。

f4542_04.jpg
胴体後方まで長く伸びた排気管は取り付けがちょっと大変でした。
エンジンの取り付けは排気管も込みでしっかり仮組みした方がいいです。
むしろエンジンはオミットして、カウリング内のどこかに接着する方が簡単かもしれません。

f4542_05.jpg
プロペラにはエッジに金属板があるようなので、そのような感じに塗り分けました。
尾翼は静岡での運搬時に曲がってしまいましたが、もはや修正不可能です。
ここは実際強度を出すためにストレッチリギングではなくテグスで張り線したほうが良かったですね。

f4542_06.jpg
胴体下部には謎のアームが付いています。
着艦フックじゃなさそうだし、箱絵では何かカバンみたいなものを引っ掛けてます。情報求む。
フィクションでもいいので爆装させた方が模型的に見栄えが良かったかもしれません。

というわけで、F.2Bでした~。
前にeduardのキットを作ったことが有るのですが、
ディティールも作りやすさも全てeduardの方が上でした。
よっぽどMark.IVが作りたい人以外はeduardのキットをおすすめします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/417-3b725227

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。