人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 - Grumman OV-1D : #03


どうもこんにちは。OV-1Dの続きでございます。
脚庫の工作は無事に終わりました。
ov1d00302.jpg ov1d00301.jpg
まずバスタブ状の脚庫の一部をくりぬいてエッチングパーツを仕込むのですが、これがしんどかったですね。
削り過ぎたらジ・エンド。しかも脚柱の受けは残してくりぬかないといけないので、
ドリル、リューター、ノミを使って慎重にくりぬきました。
右側の写真がディティールアップした脚庫です。奥行きがあるとグッと精密感が出てきますね。
苦労した甲斐がありました。

次にカウリングを取り付けようとおもったのですが、クイックブーストのカウルパーツに問題が。
ov1d0303.jpg
2個セットのパーツなんですが、それぞれ大きさが違っちゃってます。
レジンが収縮したのか、複製物からコピーしたのかわかりませんが、キットのカウルより一回り小さくなっちゃってます。
これでは到底使用することが出来ないので、今回はキットのカウルパーツをそのまま使いました。
こんなことってあるのね。
ov1d0304.jpg
そしてこれが現在の主翼の状態です。あとは細々したエッチングパーツを貼り付ければOKです。

お次はキャノピー。このキットで一番すり合わせが必要な部分です。
ov1d0305.jpg
どうもキャノピー前面パーツか胴体先端の形がおかしいようで右舷に隙間ができます。
そこでプラ板の積層を使い、足りない部分を補ってみました。(写真の黄色い矢印部分)
今回はキャノピー開状態で作成するので、このつじつま合わせでOKでしょう。
機首のレドーム部分も若干ツライチにならなかったので、ポリパテのお世話になりました。
これで機首周りの工作は終了です。

というわけで今回はここまで。そろそろサフ吹きしないと~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/425-81af5f8b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。