人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/72 - British Armoured Car 1920(完成)

どうもこんばんは。月日の経つのは早いもので、もはや2016年も残す所あと僅かですね。
前回のVOMAG完成後も相変わらずのらりくらりと模型をいじっておりますが、たいした進捗は無い模様です。
何もかも9月に買った戦略ゲーム「Hearts of Iron IV」にハマっているせいのような気もしますが、おそらく錯覚でしょう。

で、手っ取り早く完成の喜びを知るためにRODEN様の小さいキットを素組みで作ってみました。
あまり時間を空けると忘れてしまいそうなウェザリングの練習も兼ねて。

bac1920_05.jpg
RODENのロールス・ロイス装甲車1920年型砂漠仕様です。スケールは1/72。
第一次世界大戦時に使用されていた旧式の装甲車ですが、
兵器更新の優先度が低い植民地では第二次大戦でも使用されていたようです。
ターレットに機関銃を3つも装備しているのでなかなかの重武装ですね。
エジプトで使用されていた車両なので、砂漠感が出るようなウェザリングを目指してみました。

bac1920_01.jpg bac1920_02.jpg bac1920_03.jpg
掌におさまる小ささですが、繊細なモールドで良い雰囲気に仕上がるキットです。
ただし、自分のロットは成形時の型ズレが酷くてすり合わせに苦労しました。
旋回機銃架は3箇所折れました。真鍮線などで作り直した方が簡単でしょう。
第一次大戦機用のアフターパーツが使えるかもしれませんが、さすがにもったいないかも。
荷台の雑具箱が左右使い回しパーツなのが唯一の不満点です。

bac1920_06.jpg bac1920_04.jpg
塗装はタミヤの指定色を参考にラッカーで基本塗装した後にウェザリングを施しました。
基本的にMr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュと、黄色みが強いサンド色のパステルを使いました。
Mr.ウェザリングカラーは砂埃が残りやすそうなところを重点的に色乗せしました。
溶剤で拭き取るよりも塗る時にある程度グラデーションを効かせ、
乾いてから境界を乾いた綿棒でこすってぼかすと良い感じになりました。

モチベーション的にはまだ低空飛行が続いてるものの、なんとか完成させることができました。
ウェザリングツールはたくさん出てますが、使いこなすのにはやはり練習が必要ですね。
このようなミニスケールは塗装の練習に向いているような気がしました。
今度は1/35スケールの方も作ってみたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/447-81449824

 | ホーム |