FC2ブログ

人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72 - Lavochkin La-200B : (完成)

la200b01.jpg la200b02.jpg la200b03.jpg
ラヴォーチキン La-200は、ソ連で開発された全天候戦闘機です。
推力を稼ぐためにジェットエンジンを前後に2つ搭載した、珍しい設計の飛行機です。
1949年に初飛行しましたが、性能がいまいちだったためか量産には至りませんでした。
武装は37mm機銃を機首下面に3門搭載しています。

la200b05.jpg la200b06.jpg la200b07.jpg
機体の塗装はシルバー一色の指定だったので、ネット上で見つけた写真を参考にしながらパネルごとに色を変えてみました。
比較対象がないので分かりづらいですが、かなり大きな飛行機です。
胴体だけなら前作のハインケルHe-111と同じくらいの大きさがあります。

la200b04.jpg
機首に大型レーダーを装備したため、特徴的なエアインテークが3つ付いています。
下面インテーク内部や、左右のインテークと胴体の接合にはかなり強引なパテ盛りで対処しました。
ちょっと深海魚を連想させるようなこの顔が気に入っています。

la200b10.jpg
キットはA&A MODELSというブランドの1/72スケールキットです。
おそらくAvisというメーカーのLa-200を元にしてLa-200B用のパーツを追加したキットのようです。
部品どうしの合いは最悪です。どのパーツも「嵌らない」か「隙間ができる」かのどちらかです。
ポリパテを多用しましたが、スジボリの再生に苦労しました。

la200b08.jpg la200b09.jpg
説明書は指示がアバウトかつ誤植がふんだんに存在するので注意が必要です。
主脚はどう見ても強度が足りないため、真鍮線で軸打ちをしました。
そのうえ、根本の見えにくい場所につっかえ棒を取り付けないと、機体の荷重に耐えられません。
その他にも随所に補強を入れて組み立てたほうが安心です。

久々に手強いキットでしたが、なんとか完成させることができて満足です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/451-835eb47f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。