人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

1/700 戦艦富士(1897年竣工時) : #05 【水祭り参加作品】

さらに船体を攻略中~。
06091901.jpg
船体中央部分はかなり想像です;
比較的資料が残っている三笠を参考にしました。

主砲バーベット円周上?にあるモールドは、この時代の英国艦に見られるものです。
最初の純国産戦艦薩摩が出来るまで、日本は戦艦をイギリスに注文していました。
当時の英国艦にも標準で装備しています。

06090603.jpg
写真は実業之日本社から明治38年に発行された「大海戦写真帖」からの引用です。
撮影時期は不明ですが、明治34年以降の黒白塗装だと思います。
キャプスタンの下に鉄板が張られているように見えます。(左上の線部分)
戦艦朝日の写真には、はっきりと映っています。
「日本軍艦発達史」の”八島”の後部砲塔周りの写真には、同じところに鉄板が見えます。
また、これは艦首にもあるので、そちらにも追加しておきました。

調べた限り、この部分の役割は謎です。名前も分かりません。
ところが、なんとなく主砲をのせてみると、前後とも主砲の砲口の真下あたりに貼られていることに気付きました。
おそらくこの鉄板は、主砲発射時の衝撃や炎から木甲板を守るためのものではないでしょうか。
戦艦大和の対空機銃に覆いがあるのと似たような理由です。
いちおう”最もらしい”考えだと思うのですが…。
ちなみに三笠や、それ以後の船にはありません。不要だと判断されたようです;

06091902.jpg
こんな感じかな?
甲板上のものは、ほぼ追加しました。
次は舷側にいってみよう~
スポンサーサイト

コメント

うむむむ、すごい考証あんどディティールアップですね!
やっぱりこれくらい調べないといかんのでしょうね…。
なるほど、艦船モデル、奥が深いです。
舷側の工作も楽しみにしてますよ!
2006-09-22 09:06 Kazu #9K64Lzaw URL編集 ]

>Kazuさん
いえいえ、こんな重箱の隅をつつくのはただの物好きです;
でも、0.8mmの突起が付いてるのと無いのとでは大違いなのも事実ですけどw
ちょっと寄り道をしてましたが、また今週からがんばりますよ~
2006-09-25 09:20 すあま #dvUYBDnY URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/74-4e819f06

 | ホーム |