人となり

すあま

お名前:すあま
お歳 :ファミコンと同級生
お所 :岐阜県平野部
好物 :前ド級艦、第一次大戦機
得意先:ウクライナ、チェコ、香港

連絡先:siebenschwaben@gmail.com


参加コンペ・サークル等

  • Blog Modelers

  • エピソードIII 張り線の復讐

  • ことみCON

  • すぴっと祭り 2009
  • 沼津縁側爆弾被害者(笑)の会

最近の記事


カテゴリー


Flag Counter

free counters

ブロとも申請フォーム


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 戦艦富士(1897年竣工時) : #09 【水祭り参加作品】

最近いそがしくてなかなか模型にさわれない毎日です。
というわけで富士の作業進まず;
考証にもつまっているので、とりあえず目下の問題点を列挙して対策を練ろうと思います。
てわけで、今回は私的メモな感じで。

【不明点】
○船体
・艦尾飾りの詳細な形状分からず。
・スタンウォーク床板に支柱があるのか不明。(存在するはず)
・上甲板から艦橋甲板へ上がるルートが不明。(ラッタルの取り付け場所がわからない…)
・艦尾側マストと上部踊り場部分(探海燈がある場所)の接点が違う気がする。キットは中点だが、写真では艦首よりに見える。
・短艇の塗装

特に、短艇の塗装は不可思議です。
海軍の通達で艦載艇の塗装も鼠色一色となったはずですが、
どう見ても富士竣工時の写真に映っている艦載水雷艇は喫水以下の色が違います。
しかも赤ではなく白っぽい。
喫水上の色も、富士に比べて濃い鼠色に映っているようです。
水に浸かっていて船体だけ汚れているようには見えませんし、謎です。

艦載艇の塗装はタミヤの軍艦雑記帳・下にあるように鼠色一色で間違い無さそうですが、
写真で見ると小型の伝馬船は塗装されていないようですし、長官艇は白色塗装のようです。
また、その軍艦雑記帳・下に「艦載艇も喫水以下を塗り分けるとする文献もありますが、間違いです」といった感じの記述があります。
この記述が富士の水雷艇の謎を解く鍵になる…かも?
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
謎のラビリンスに入られたようで……
資料的が少な過ぎるというのも
模型作りには難問ですね。

私はどうしてもテキトーな性格なんで
分からないとこがあると「ま、いっか~」でおます(笑)
あの「軍艦雑記帳」は内容が濃くリーズナブルで
いいですね。私もよく利用してまする。
2006-11-11 12:23 作左 #jPC7I2S6 URL [ 編集 ]

>作左さん
どうもお返事が遅れてすみません;
資料不足、特に写真が無いのが非常に辛いですよ。
甲板を上から写した写真が欲しいのですが、まず無いですね~。
飛行機が初めて空を飛んだのが三笠が出来た次の年だったりしますので、無理も無いですけど;

とりあえず軍艦雑記帳を最後まで読めば艦船マニアとも互角に話せますよねw
個人的には資料の引用元が明記されていないのが不満でもありますが。
私も背表紙が擦り切れるくらい重宝しております~
2006-11-16 17:03 すあま #dvUYBDnY URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://recipro.blog41.fc2.com/tb.php/85-107d5e9f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。